ここから本文です

下半身の凝り固まった部分をほぐして腰のプヨプヨ肉にさようなら!

4/9(火) 20:52配信

集英社ハピプラニュース

硬くなったアウターマッスルの筋膜を緩めることで、インナーマッスルが働きやすい状態にリセット

アラフォーからのダイエット法をまとめてチェック

“ウエストイン”ファッションがブームだけど、気になるのがおなかや腰のプヨプヨ肉。こんなムダ肉の解消に効果抜群と話題なのが“くびれ母ちゃん”こと村田友美子さんの膣締めダイエット。その方法を公開!

☆私が解説します!
姿勢改善コアトレーナー 村田友美子さん
ほぐし、ストレッチ、膣締めなどを組み合わせた独自のメソッドを確立。著書『くびれと健康がとまらない! 膣締めるだけダイエット』(ワニブックス)が話題沸騰中

こり固まった部分に自重で圧をかけて押し伸ばす
最初のステップは、ボールを使って筋膜ほぐし。 「筋膜は全身にめぐっていますが、姿勢を正しく保つのに欠かせないポイントを厳選してボールでほぐしていきます。筋膜は深層にあるので表面だけさすってもダメ。ボールでこり固まったポイントを狙い、自重で圧をかけます。ピザ生地を伸ばすイメージでほぐして」

こんなボールを使用
テニスボールでもOK。また、村田さん開発の部分ごとに硬さが違うボール「ホグッシー」も◎。Amazonで購入可。¥4,980

★ここに注意!
・ボールを当てる位置は正確に
圧をかける位置がずれているときちんとほぐせないので、ボールを当てる位置は正確に。

・骨の上にはボールを置かない
鎖骨や肋骨など細めの骨に強い圧がかかると骨を傷める場合が。骨でなく筋肉に当てて。

・反り腰にならないよう注意
腰が反った状態だと筋膜にボールが当たらず圧が弱くなるので反り腰にならないように

・痛すぎるポイントは中断する
ほぐす時、体がこわばるほど痛みがあるとアウターの筋肉が働いてしまうので中断を。

・長くやりすぎない
長くやりすぎると筋膜を傷めたりしびれが出る場合が。1カ所90秒~2分を目安に。

お尻~太もも
■中殿筋(ちゅうでんきん)をほぐす
骨盤の横にあり、おしりとともに働くのが中殿筋。座り仕事や反り腰の人は中殿筋がこりやすく、股関節が固まって内股になりがちなので注意。

1/2ページ

最終更新:4/9(火) 20:52
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事