ここから本文です

親は子を自分の言いなりにしようとするから悩む

4/9(火) 12:00配信

日経DUAL

 小学校1年生からの無試験先着順の「宮本算数教室」で卒業生の80%を首都圏トップ中学校に進学させてきた宮本哲也さん。常々、私たちはなぜ学ぶのか、何のために学ぶのかを問いかけ、「幸せになるために学ぶ」ことを明言し、宮本算数教室でも常に自分で考える力を育む授業を展開してきた宮本さんに、「幸せに生きるための算数」をテーマに、変化の激しい今の世の中で、子どもたちが幸せな生き方、自分らしく生きる生き方を身に付けるために必要な力のつけ方について、お話しいただく連載です。

【関連画像】「見張る」と「見守る」は全く違う

 3回目は、「マイナスをプラスに変える力」について。宮本さんは14歳で「今日から別の人間になる、一生後悔しない人間になる」と決意したといいます。何が宮本さんを動かしたのでしょう。そしてその決意を親御さんはどう受け入れたのでしょうか。

●「見張る」と「見守る」は全く違う

 新学期が始まり、そろそろ宿題に頭を悩ませるご家庭も増えてきたかもしれません。

 最初にお伝えしておきましょう。宿題は、やらなくていいんです! ……というと教育関係者の皆さんに嫌な顔をされてしまうかもしれませんが、あくまでも、「楽しくないなら、無理にさせなくていい」という意味です。

 親御さんは、学校で課された宿題は絶対にやらせなければならないと思っているかもしれません。でもそもそもお母さんやお父さんが「宿題をしなさい!」と「見張っている」のでは、子どもが嫌がるのは当然です。勉強も宿題も、本人が学ぶことを楽しいと思い、自らやるようになるのを「見守る」のはいいのですが、決められた分をやるまで「見張る」のではやる気は起きません。大人だって、見張られた状態で仕事をするのは楽しくないですよね。

 見張るのは、相手を信頼していないが故の行為です。一方、見守るというのは、相手のことを信頼しているからできることです。

子どもが道を踏み外すのは、親に対する反発

 私の親は、私が「高校を辞めて、一人で勉強する」と言った時に、反対しませんでした。やがて一人で勉強をしていると、何の予定もないし、何の変化もないため煮詰まってしまい、ある日、「パチンコがしたいな」と母親のいるところでつぶやいてしまいました。さすがに「あんた、勉強するって高校辞めたんちゃうんか! あほなこと言わんとき!」と怒られると思いました。ところが母親は間髪入れずに、しかも満面の笑みを浮かべて「行っておいで!」と言ってお金をくれたんです。

 母親は、家に籠りがちな私が外に出ようとしていることを喜んでそうしてくれたのかもしれません。でも私はその時、母親に否定されなかったことがすごくうれしかった。当時はニートやひきこもりなどという言葉がない時代で、子どもは学校に行くか働くかのどちらかしか選択肢がありませんでした。その中で学校を辞めた私が朝からパチンコに行くとなれば、非常に世間体が悪かったはずです。でも母親は「うちの子はええ子や!」と本気で思っていました。その自信が何に裏付けられていたのかは分かりませんが、それだけ自分に対して信頼を持たれていたら、親を傷つけようとか、悲しませようという気持ちには全くならないものです。

 子どもが道を踏み外したり、変な方向にずれていってしまうのは、ほとんどが親に対する反発だと私は思います。親が子どもを信頼し、見張るのではなく見守る姿勢でいられれば、子どもは自らを悪くするようなことはないでしょう。

1/2ページ

最終更新:4/9(火) 12:00
日経DUAL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経DUAL

日経BP社

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト
小島慶子さん、岸谷香さんなど著名人コラム
保育園検索や共働き夫婦のノウハウも提供
大好評!共感マンガ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事