ここから本文です

イチローがミスターになった!【大島康徳の負くっか魂!!第101回】

4/10(水) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

肉体と感覚のズレ

イチローの会見。最後まで見ちゃいました

 いやあ、長かった。でも、最後まで見ちゃいました。

 何の話か分かりますよね? 3月21日深夜、1時間23分にわたったイチローの引退会見です。質問にすべて答えたのもすごい。日本なら間違いなく途中で打ち切りですよね。

 グラウンドでの自然発生的なセレモニーもしびれました。イチローがベンチ裏に引っ込んでから出てくるまで、お客さんもよく待ちました。あのとき無理は承知で思ったのは、これが東京ドームではなく、神戸だったらな、です。神戸とシアトルは、イチローにとっても特別な場所だと思うので。

 でも、さすがイチローです。警備員もいないのに、カメラマンだけ引き連れて球場を1周でしょう。1974年、巨人・長嶋茂雄さんの引退試合と同じです。僕も中日の現役選手として出ていたダブルヘッダーですが(しかも四番!)、2試合目の前に、ミスターが周囲の制止を振り切ってグラウンドに飛び出し、球場を1周した。これはもう感性の問題です。いま自分が何をしたらいいのか、何をしたらファンの人たちが喜んでくれるのか、分かっているからできるのでしょう。イチローも、ミスターの領域に入っているんだな、とあらためて思いました。

 発表のタイミングは別とし、引退自体は予想していました。前年の5月時点で選手登録がなくなり、それでもチームに帯同というなら、日本での開幕戦2試合のためしかありません。実際、そういう契約だと本人にも伝えていたようですが・・・ 本文:2,704文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:4/10(水) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

もっと見る