ここから本文です

これがなくちゃ始まらない!春コーデには「スカーフ」をフル活用【使いまわし抜群!最新の「スカーフ」活用法とコーデ実例集】

4/10(水) 16:30配信

HOLICS

活用法3 ヘアアクセとして使用する

この春注目度No.1のスカーフ活用法といえば、ヘアアクセとして頭に巻くスタイル。コーデ自体がシンプルでも顔まわりにスカーフがあることでぐっと洗練された印象に導けます。

白ニットに薄色デニムを合わせ、ミルキーカラーのロングコートを羽織った爽やかコーデには、白がベースのスカーフを持ってくるのが◎。ハーフアップの結び目にスカーフをキュッと巻いたアレンジがこなれムードを後押ししてくれます。

藤田ニコル:ロングコート¥14000/Ungrid ボタンニット¥4990/GYDAルミネエスト新宿店 デニムパンツ¥11990/バロックジャパンリミテッド(SLY) スカーフ¥590/FOREVER21 ピアス¥5400/Amijed(nene accessory) クリアサンダル¥10900/SPIRALGIRL ●商品情報はViVi2019年4月号発売時点のものです。

背中に並んだ包みボタンやバンドカラーがクラシックなムードのブラウスにはスカーフが好相性。ヘアバンドがわりにスカーフで広めに頭を囲むアレンジで、おしゃれ上級者の貫禄を漂わせましょう。

トリンドル玲奈:デニムパンツ¥24000/ヤヌーク(カイタックインターナショナル) ブラウス¥10500/ラグナムーン 靴¥21000/マッキントッシュ ロンドン(モーダ・クレア) 頭に巻いたスカーフ¥5000/ルナルーチェ ベルカント(ムーンバット) ●商品情報はwith2019年4月号発売時点のものです。

アレンジ自在な「スカーフ」を味方につけて!

首やバッグに巻いたり、ヘアアクセにしたりと使いまわしの利く「スカーフ」。カジュアルコーデにもキレイめコーデにもマッチするから、最低ひとつは常備しておきたいもの! ぜひご紹介した活用法を参考に春の着こなしに取り入れてみてくださいね。

DK Media

3/3ページ

最終更新:4/10(水) 18:02
HOLICS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

HOLICS(ホリックス)

株式会社DKMedia

世の中にあふれる情報を偏愛者目線で
深掘り&再編集するのがHOLICS。
次にハマれる「好き!」を探している、
すべての女性のためのメディアです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事