ここから本文です

極寒のフィンランドで寒中水泳を楽しむ人々の、ちょっとシュールな光景

4/10(水) 12:14配信

WIRED.jp

温度計はマイナス12℃近くを示していたが、そんなことは関係ない。マルック・ラーデスマキは借りた水着を身につけており、いずれにしてもフィンランドの凍った湖に空いた穴に飛び込むことになっていたのだ。

【写真】極寒のフィンランドで寒中水泳を楽しむ人々をもっとみる

氷の穴に向かって歩きながら、ラーデスマキはこう思っていたのだという。

「オーマイゴッド! なんてクレイジーなんだ」

こうなったのは、ラーデスマキがスイマーたちを撮影したシュールなシリーズ作「Avanto」を制作する際に、ある取引をしたからだった。それは、撮影後に自分もスイマーたちに混ざって寒中水泳をする──という約束である。

こうしてラーデスマキも水に飛び込むことになった、というわけだ。「心臓が止まりそうだった。息ができないんじゃないかと思ったよ」

サウナのあとのお楽しみ

「Avanto」とは、フィンランド語で氷の穴のことを指す。11月から3月にかけてのフィンランドの国民的な娯楽で、そのころの気温はマイナス37℃程度にまで下がる。

多くの人は、サウナでゆっくり過ごしたあとにAvantoを楽しむ。ゆっくり入ると、焼けつくほどに水は冷たい。冷たすぎるのは危険だ。体が受けたショックで過呼吸を引き起こすこともあるし、最悪の場合は死に至る可能性もある。

しかしスイマーたちは、Avantoがストレスや痛みの軽減につながり、体も強くなって風邪をひきにくくなると言う。また、それを証明するいくつかの研究報告もある。

ラーデスマキはフィンランド南部で育った。コマーシャルフォトグラファーとして働くため、25年前に太陽の降り注ぐカリフォルニアに引っ越し、これまで一度もAvantoに心引かれることはなかった。

まったく気持ちよくなかったが、その直後……!

数年前の1月、ラーデスマキは故郷のタンペレを訪れた。雪の写真を撮るため、ネシ湖のラウハニエミビーチに出かけたのだ。

そこで、数十人くらいの地元の人々が競泳用水着やビキニを着て、暑いスチームサウナと真っ黒な氷の穴の間の約30フィート(約9m)を行き来しているのを目にした。穴の中央に設置されたポンプが、氷の穴が塞がらないように水を循環させていた。

ラーデスマキは、半裸のスイマーたちのシュールな(そしてちょっとおかしな)光景を、「ライカ M(Typ240)」で数時間かけて撮影した。スイマーたちは、まるで寒さを楽しむホッキョクグマのようだった。

彼はいちばん暖かいコートや手袋を身につけていたのに、どうしても撮影中には指の感覚がなくなってしまう。それゆえに、もっと寒さを感じた。自身も水に入ったときは、まったく気持ちいいとは感じられず、ほんの数秒しか入っていられなかった。

出るときはどうだったかって? それが驚くほどの快感で、もう一度、もう一度と、さらに5回は繰り返したのだった。「何回かやってみれば慣れてくるさ」と、ラーデスマキは言う。「血液が循環し始めて体が温まってくるんだ」

信じられないかもしれない。だが、ラーデスマキの話に“冷水を浴びせる”ことはないのだ。

LAURA MALLONEE

最終更新:4/10(水) 12:14
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事