ここから本文です

現役アイドルがバーチャルYouTuberに 「バーチャルチェキ会」も開催した生誕イベントレポート

4/10(水) 20:03配信

KAI-YOU.net

祝祭と魔法と科学の向こう側へ

チェキ列もはけて、いよいよ開演。気づけば会場は人でいっぱいになっていた。客電が落ちると、「今日は来てくれてありがとう~!」とメイド服を着た和田さんが登場し、イベントのスタートを告げた。

トップバッターは、マコ・プリンシパルさんとナマコラブさんによる芸術家アイドルユニット・ナマコプリのライブだ。

「50/50」からスタートしたナマコプリのライブ。曲を終えると2人は、「和田輪ちゃん、お誕生日おめでとナマコプリ~!」と和田さんをお祝いし、祝いの場にピッタリの「ナマコプリのシャンパンコール」に続けてアゲアゲのライブを展開。

クラブで踊ることに先鋭化されていった4つ打ちのEDMが、生誕イベントを盛り上げるのはとても正しい。和気藹々としたMCを挟みつつ、キラーチューンの「SUSHI PARTY」では会場とのコール&レスポンスもおこなわれた。

バーチャルワダリンのステージに聞き入る

続いて客電が落ち、舞台が照らされる。気づけば舞台後ろの黒幕は白いスクリーンに変わり、バーチャルワダリンさんが映し出された。ワダリンさんの初ライブがついに始まる。

スクリーンに映ったワダリンさんは「はじめまして、バーチャル担当のワダリンです! 今日は初めてのライブ、がんばります! よろしくおねがいします!」と一声。

和田さんとは別の、高い、上ずったような声がかわいらしい。少し慌てたような声も、動画配信の時そのままで感動してしまう。

最初に歌うのはBaseBallBear feat.花澤香菜の「恋する感覚」。ボイスチェンジャーを通して歌われるワダリンさんの声には変声期のような幼さと初々しさがある(実際に”変声”しているわけだけれど)。

背景はワダリンさんの自室だろうか。ソファーの前で歌うワダリンさんは心なしか少し緊張しているように見えた。始めは少し「ノリ方」にとまどいを見せたお客さんからのコールも、どんどん大きくなっていく。

歌い終わると間髪入れずに2曲目、ソーシャルゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』(デレステ)に登場するアイドル・双葉杏(CV:五十嵐裕美)の「スローライフ・ファンタジー」を歌う。スローテンポでしっとりと歌われる同曲に観客も聞き入った。

アイドルの多様化が進み、さまざまな姿に先鋭化したアイドルたち。

今や「正統派アイドル」という言葉が何を指すのかもわからなくなってしまったけれど、そんな中で彼女が歌う2曲はいずれも、「かつてあったアイドルへの尊敬を持った踏襲」を感じられる曲であり、それをバーチャルなアイドルが歌う、という構図がとても新しい。

2曲を歌ったワダリンさんは、「バーチャル担当のワダリンでした! ありがとうございました!」と会場を去っていった。ワダリンさんの堂々としたアクトと、これを実現した実現した和田輪さんのプロデュース力に改めて驚いた。

2/5ページ

最終更新:4/10(水) 20:03
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事