ここから本文です

運命の人とは必ず結ばれる!? 【運命の人の特徴(感覚・外見など)】

4/10(水) 17:40配信

with online

■運命の人の特徴【感覚・行動】

運命の人とは、どこか自分と近い感覚や行動があるもの。人間とは、基本的に自分が一番大好きなため、自分に近い人を好きになると言われています。つまり、運命の人とあなたは合わせ鏡のようなものなのかもしれませんね。

次に、運命の人の特徴(感覚や行動)についてご紹介します。今デートしている人が運命の相手かどうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

一緒にいると安心感がある

筆者が今の夫と知り合った頃、初デートで全く緊張しなかった記憶があります。むしろ、一緒にいるとホッとしたのを覚えています。その後も、何度かデートを重ねるうちにどんどん安心できる存在と知って結婚を決めました。「もしかすると運命の人とは、どこか一緒にいてホッとする人なのかも?」と思ったものです。

また、夫は性格面や価値観などお互いに似ているところがたくさんありました。話をしても価値観が似ているので違和感がなく、一緒に楽しめるポイントが多かったのも良かったと思います。

もし一緒にいて安心できる人であれば、その後もデートを重ねてみましょう。ずっと隣にいたいと思えたら、きっとその人は運命の人であること間違いありません。

初めて会った気がしない

運命の人とは、ファーストインプレッションでふと懐かしい気持ちになることもしばしば。

なんでも、結婚するカップルのなかには前世で繋がっているカップルもいるとか? たとえば、占いに行くと「前世でも夫婦だったよ」「前世でも仲良かったよ」と言われるケースも多く聞きます。

または、前世に関係なくとも縁が結ばれていることもあるとか。じつは筆者自身も、ある前世占いで「37歳で結婚する。前世で繋がりはないけど、お互いに出会わなければならない関係だった」と言われたことがあります。

占いのとおり、本当に37歳で結婚しただけでなく占い師が語った通りの特徴の男性が運命の人だったことにも驚いています。占い師からは「昔はヤンチャだったけど、今は前世の苦業を反省するために人を助ける仕事をさせられている」のだとか。

確かに、夫は元介護士で今も医療従事者なのでビックリです。もしかすると、運命の人とはずっと前からどこかでつながっているのかもしれませんね。

また、実際に小さい頃に顔見知りの関係だったものの、大人になってから再会して結婚するカップルも少なくないようです。縁がある人とは、どこか不思議と懐かしくなるような雰囲気があるのかもしれません。

1/4ページ

最終更新:4/10(水) 17:40
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事