ここから本文です

元メジャー投手・長谷川滋利氏が元ワンギャルと不倫トラブル

4/10(水) 16:00配信

文春オンライン

 元メジャーリーガー投手・長谷川滋利氏(50)が元タレントのA子さん(40代前半)と不倫交際の末、トラブルになっていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

【写真】長谷川氏と不倫相手・A子さんのツーショット

 長谷川氏は1991年にオリックス・ブルーウェーブ(当時)に入団。1997年からはアナハイム・エンゼルス、2002年からはシアトル・マリナーズでプレーした。2005年の現役引退後は、野球解説者やオリックス・バファローズのシニアアドバイザーを務めている。最近では、日米でチームメートだったイチローの引退に際し、テレビ番組に多数出演し、思い出を語っていた。

 一方のA子さんは、かつてTBSの人気深夜番組『ワンダフル』にアシスタント役の“ワンギャル”として出演するなど、バラエティタレントとして活躍。2007年秋に長谷川氏から告白され、一度は断るも、「うち(夫婦)は終わっている。真面目に付き合いを考えてほしい」と言われ、交際が始まった。

 長谷川氏は「僕がA子のことをサポートする」と、A子さんのために芸能事務所を立ち上げるなど、仕事にも関与するようになった。

 2008年1月に長谷川氏はカルティエのラブリングとラブブレスをA子さんに贈り、「3年後には一緒になろうね」と約束。しかし2週間ほど経った後、電話一本でA子さんに別れを告げたという。不倫交際が終わると事務所は機能しなくなり、A子さんは芸能界引退に追い込まれた。

「長谷川さんの奥さんから、電話で別れるよう求められたこともありました。男女のことだけだったら仕方がないと諦めがつきます。でも、交際が終わって、私の芸能界の仕事もダメになってしまった。彼の無責任さに傷つけられた痛みは今も残っています」(A子さん)

 小誌が事実確認のため、長谷川氏の携帯電話に連絡すると、A子さんの名前を出した途端に電話は切れ、その後は何度電話しても通じなくなった。所属事務所にも質問書を送ったが、締め切りまでに回答はなかった。

 4月11日(木)発売の「週刊文春」では、長谷川氏が交際時にA子さんに送ったメールや2ショット写真を掲載し、不倫愛の内容について詳報する。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年4月18日号

最終更新:4/11(木) 11:03
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事