ここから本文です

ピエール瀧、元所属事務所が賠償金を肩代わりも「それほど痛手じゃない」懐事情

4/10(水) 16:00配信

週刊女性PRIME

 3月12日に麻薬取締法違反の罪で逮捕されていたピエール瀧こと瀧正則被告が、4月4日に保釈された。

【写真】ピエール瀧の地元・静岡を取材してわかった“本当の人気ぶり”

「保釈金は400万円。警察署を出ると瀧さんは深々と頭を下げて謝罪。駆けつけたファンたちから“頑張れ!”“めげるな!”の声が飛んでいました」(スポーツ紙記者)

 テクノバンド『電気グルーヴ』で'91年にデビュー。近年は、個性派俳優として人気を博していただけに、今回の逮捕は芸能界に大きな衝撃を与えた。

「俳優としての瀧さんのファンは失望した人もいるでしょうけど、長年のファンは、罪は罪かもしれないが、瀧さんと電気グルーヴの作品が好きだから、復帰を期待する人が多いですね」(音楽ライター)

 大河ドラマ『いだてん』をはじめ複数のドラマや映画、CMに引っ張りだこだった瀧。その多くが彼の行為によって、打ち切りや差し替えになったため、賠償金はかなりの高額になると報じられている。

「10億円を超えるなどと報じられていますが、そこまでにはならないと聞いています」(レコード会社関係者)

瀧の個人資産では返せず──

 逮捕の翌日、電気グルーヴの所属レコード会社は、CDと映像商品の出荷停止と店頭在庫回収、音源、映像のデジタル配信停止の対応をとった。

「ファンからは“やりすぎ”との声もあった対応でしたが、今後も瀧さんを支えていくのは、ほかならぬ所属レコード会社と同系列で、瀧さんとの契約を解除した元所属事務所のようです。賠償金は10億円までの金額にはなりませんが、数億単位にはなり、瀧さん個人の財産では返せません。

 不足分は元所属事務所が肩代わりすることになるようです。元所属事務所はたくさんのアーティストを抱えていますが、実際にいま好調なのはネットゲームで、その売り上げが半端じゃないんです。瀧さんの賠償金もそれほどの痛手にはならないでしょうね」(同・レコード会社関係者)

 瀧被告の賠償金の肩代わりをすることについて、彼の元所属事務所に問い合わせると、

「それぞれの相手先ごとに協議をさせていただいております。詳細については回答を控えさせていただきます」

 音楽業界では、瀧に復帰を持ちかけるレーベルも。

「メジャーレーベルは難しいですが、小さなインディーズ・レーベルは、逮捕やトラブルがあったとしても、固定ファンのいるアーティストは一定の売り上げがあるので、のどから手が出るほど欲しい。

 ASKAさんがいい例ですが彼も固定ファンがいて、インディーズから作品をリリースしています。音楽活動をするかしないかは本人次第ですが、いくつかの会社がオファーを考えているそうですよ」(同・レコード会社関係者)

 ファンの前に現れるのはいつの日になるか─。

最終更新:4/11(木) 13:42
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」7/2号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事