ここから本文です

1994年のクエンティン・タランティーノ 映画界の「狂人」が描く世界

4/10(水) 12:14配信

Rolling Stone Japan

「俺は映画のために存在するような映画と、リアリティに満ちた映画を組み合わせたようなものを作りたい。いかにも映画らしいストーリーでありながら、息を呑むほどにリアルな展開が待ち受けているような映画さ」。こう語るのはアメリカ映画界にインパクトを与えた監督の一人、クエンティン・タランティーノ。彼の名前を世界に知らしめた『レザボア・ドッグス』(92年)、『パルプ・フィクション』(94年)公開時の空気感がよく分かる1994年のアーカイブ記事をお届けする。

もっと写真を見る

タランティーノの自宅に飾られたトラボルタの写真

映画界を席巻している鬼才、クエンティン・タランティーノには母親がいる。その事実に驚く人間は少なくないだろう。脚本と監督、そして演技までこなす彼女の息子が手がけた1992年公開の『レザボア・ドッグス』における、生きた人間の耳を切り落とす場面を含む10分間にわたる残酷極まりない拷問シーンは、当時の映画界に衝撃をもたらした。「あのシーンは彼女のお気に入りらしいよ」。現在31歳のタランティーノは母親についてそう語る。

高校を中退し、レンタルビデオ店でアルバイトとして働いていた彼は、過去数年間で映画界における最重要人物の1人となった。彼の母親が観終えたばかりだという、ロサンゼルスの闇をコミカルに描いたクライムムービー『パルプ・フィクション』は、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞し、ニューヨーク映画祭のオープニングを飾り、タランティーノを来年のアカデミー賞最有力候補の座に押し上げた。銃撃、刺殺、SM、同性愛者間のレイプ、ドラッグのオーバードーズといった過激な描写の数々に観客が眉をひそめる中、彼の母親は平然とスクリーンを見つめていた。そんな彼女も、カリフォルニアのハリウッドで彼が暮らす質素なアパートの内装は気に入っていないという。「あれは私の趣味じゃないわね」。彼女は笑ってそう話す。

ジェネレーションX特有の大胆な発想で独自のジャンルを確立しつつある若きセレブレティ、そういったイメージからはハリウッドの豪邸が連想されるが、彼の住処はまったくの別物だ。生活感溢れる散らかったその部屋は、映画のポスター、ビデオテープ、レーザーディスク、アルバム、ファンジン、雑誌など、その空間には映画関連のグッズが所狭しと散りばめられている。耳を切り落とすシーンで使われたカミソリを含む、自身の映画で使われた小道具の数々はもちろん、恐ろしくリアルなB級映画の女王バーバラ・スティールの頭部模型、『テキサス・チェーンソー』に登場するチリ缶、ジェニファー・ビールスから譲ってもらったという怪傑ゾロのナイフ、ロバート・ヴォーンの人形、ペプシのボトルが詰まったケース、そしてマニアをも唸らせる映画・テレビ関連のボードゲームのコレクションなど、目を引く品の枚挙にいとまがない。

暖炉の上にはジョン・トラボルタの写真が祀られている。タランティーノにとって『パルプ・フィクション』のハイライトは、彼がこよなく愛する70年代のテレビシリーズ『Welcome Back, Kotter』で、SweathogのリーダーVinnie Barbarinoを演じたジョン・トラボルタを起用したことだった。魅力の乏しい役柄が続いていた当時40歳のトラボルタにとっても、同作はかつての人気を取り戻すきっかけとなった。ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン、ティム・ロス、アマンダ・プラマー、クリストファー・ウォーケン、ハーヴェイ・カイテル、そしてタランティーノ自身という錚々たる面子が出演した同作において、下っ端のギャングでヘロイン中毒者のヴィンセント・ヴェガを演じたトラボルタは、劇中で披露した見事なダンスのインパクトも手伝って、俳優として完全復活を遂げてみせた。

ブライアン・デ・パルマの1981年作『ミッドナイトクロス』におけるトラボルタの「神がかった」演技について、タランティーノは何時間でも語っていられると主張する。「ジョンは最高にいいヤツで、俺たちはすっかり打ち解けた。彼はそう話す。「彼がかつて演じていたような役をやらせようと思った。俺は彼の才能を信じていたからね。でも互いに気を許すようになって、俺は彼が『ベイビー・トーク』のような映画に出る理由が分かった気がしたんだ。滑稽でチャーミングなキャラクターっていうのは、彼の素顔なんだよ」

トラボルタもまた、タランティーノという人間に魅力を感じていた。「俺は20年この業界にいるけど、クエンティンほど撮影を楽しんでる監督には会ったことがないよ」。彼はそう話す。「そういうムードは出演者にも伝染るんだ。どうせやるなら彼ぐらい楽しまなきゃ損だってね。映画というものを正しく理解している彼は、その楽しみ方を熟知してる。クエンティンは普通の人間にはない、ピュアなエネルギーを全身から発してる。賞賛と批判を等しく重要に受け止め、厳しい言葉を向けられても決して消極的にならない芯の強さに、俺は心底感銘を受けているんだ。何も恐れないその勇敢さには、少し嫉妬してるくらいさ」

過去の出演作における演技をタランティーノが絶賛することについて、トラボルタはどう感じているのだろうか? 「率直に受け入れるしかないと思った」。彼はそう話す。「彼の世代だけじゃなく、あらゆる世代の人々にとって、俺という俳優がどう映っているのかをはっきり認識させられたよ」。そう話す彼は小さく笑い、さらにこう続ける。「クエンティンの目を通して、俺は世間における自分のイメージを知ったんだ。自覚はしていても、なかなか口には出せなかったけどね」 

2人はまさに相思相愛だ。トラボルタのキャスティングが実現する前、タランティーノはトラボルタと初めて会った際に、自宅の暖炉の上に彼の写真を祀っていることを伝えたのだろうか? 「いや、それは言わなかったよ」。タランティーノはそう話す。「Vinnie Barbarinoのフィギュアにはサインしてもらったけどね」

1/4ページ

最終更新:4/10(水) 12:14
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事