ここから本文です

「海老料理」専門店がオープン!“海老とピンチョスと泡”が楽しめる【東京】

4/11(木) 19:15配信

じゃらんニュース

高田馬場駅そばに、“海老とピンチョスと泡”をテーマにした「海老料理専門店 リザラン」が2019年3月26日(火)にオープンしました。
水槽から取り出して調理する活オマール海老や海老のしゃぶしゃぶなど、多彩な海老料理とピンチョスが20種類ほど楽しめるお酒好きにはたまらないお店です。
お店のテーマが「海老とピンチョスと泡」と聞いて、「海老にピンチョスがあれば、シャンパンがいくらでも飲める!」と思った方も多いのではないでしょうか。
リザランのイチオシメニューや特徴など、早速チェックしちゃいましょう!

海老料理専門店のおすすめメニューをご紹介

「海老の雲丹しゃぶ」一人前 1,598円(二人前からの注文) 一番のおすすめは、海老の出汁と生雲丹を合わせた特製スープで楽しむ「海老の雲丹しゃぶ」です。
海老の出汁に生雲丹と、それぞれ単独でも十分に贅沢でおいしいのに、合わせてしゃぶしゃぶ用のスープにしてしまうなんて、たまらないですね!海老と雲丹の旨味がたっぷり詰まった濃厚なスープに、肉や海老を入れてしゃぶしゃぶして楽しみます。具材に海老や雲丹の旨味がからんだら、いくらでも食べられてしまいそうです。
鍋には「シメ」がつきもの。この「海老の雲丹しゃぶ」のシメのおすすめは、海老・雲丹・肉などの、それぞれの具材の旨味がたっぷり溶け込んだスープで作るリゾット。
海老と雲丹の出汁のきいたリゾットなんて、想像しただけでゴクリとノドが鳴ってしまうはず!お腹いっぱいでも、別腹でペロリと平らげてしまうこと違いありません。

20種類以上も用意されたピンチョス

ピンチョスは1個130円~。1,200円の盛り合わせもあり ピンチョスは、小さなパンの上に具材をのせたスペイン北部バスク地方のおつまみです。近年、日本でもすっかりおなじみになりましたよね。
「海老料理専門店 リザラン」には、自慢の海老を使ったものを中心に、20種類以上のピンチョスが用意されています。
お店の一番人気ピンチョスは、「赤パプリカのムースと雲丹」。ここでも、雲丹は外せないようです。ピンチョスは、少しずつ、いろいろなおつまみを楽しみたい方にはぴったり!お値段も130円からとお手頃なものが多いので、これから紹介するボリュームたっぷりのパスタやテルミドールといったメインメニューのサブとしてもおすすめです。

1/2ページ

最終更新:4/11(木) 19:15
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事