ここから本文です

リビングに集まる私物は色別ボックスでおしゃれに整理!

4/11(木) 20:40配信

ESSE-online

4月から新しい生活が始まり、なにかと気疲れすることも多い時季。せめて家にいる時間は、居心地のいい、きれいなリビングでくつろぎたいものです。家族が集まるだけに私物が散乱しがちなリビングですが、ものが多くても片づいて見えるにはコツがあるのだそう。

そこで、「リビングが散らかってくつろげない!」とお悩みの読者宅を、整理収納のプロ・吉川永里子さんが訪問し、直々に改善。少しの工夫で暮らしが変わるアイデアは必見です。

リビングに集まる私物は、人やジャンル別にスペースを区切る

読者Мさんは、共働きで子育て中。片づけはいつも後回しになってしまうそう。また近所に住む両親が子どもの面倒を見にきてくれており、リビングにものをもち込むため、さらにごちゃついてしまうという事情も。

そんなМさん宅のリビングを見た吉川さんは、まず目を引くオープン棚の整理に着手。散乱する私物を、人やジャンル別に区切りましょうと提案しました。

「しまう場所が決まると、探し物が格段に減ります。インテリアを損なわないおしゃれな収納グッズも取り入れていきましょう」

【BEFORE】

リビングにある、おしゃれなつくりのオープン棚ですが、雑然としてしまいイマイチな雰囲気。夫と父親の私物が混在しているそう。

【AFTER】

ボックスやファイルケースを使い、夫スペースと父親スペースを左右でしっかり区分け。机の下には、パソコン周りのものや掃除機グッズを使いやすく収納しました。

●黒と白で左右に振り分け人の区別を明確に

棚を左右で分け、黒は夫、白は父親のものを入れるスペースとすることに。
「男性や子どもは、わかりやすい色分けがベスト(笑)。区切って明確にすると、使ったあともきちんと片づけてくれるはずです!」(吉川さん)

●掃除グッズは足元と決め、机の上はいつもすっきりと

机の上や棚にまで散らばっていた掃除グッズは、足元を定位置に。
「掃除機のノズルなどゴチャつきがちなものは、専用のボックスにまとめれば迷子にならず、戻すのもラクですよ」と吉川さん。

●教えてくれた人
【吉川永里子さん】
収納スタイリスト。Room&me代表。個人宅の整理収納サポートや自宅セミナーなどを行う。2児の母で、ワーキングマザー目線の整理収納提案が人気。著書に『あなたもつかめる! もう探さない人生』(主婦の友社刊)ほか

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

最終更新:4/26(金) 17:27
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年9月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(9月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事