ここから本文です

食事ができる場所が倍増!空港に早く着いても楽しめる那覇空港の歩き方

4/11(木) 7:22配信

@DIME

@DIME連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!

沖縄の玄関口である那覇空港。これまでは飲食店が空港の規模の割には少ないと言われており、ゆっくり食事やカフェを楽しめる場所が少なかったが、3月18日にこれまでは繋がっていなかった国内線ターミナルと国際線ターミナルを連結する際内連結ターミナル施設がオープンした。際内連結ターミナル施設部分に新たにフードコートやレストランなどがオープンしたことで空港に早く到着しても時間を持て余すことがなくなった。

新しくなった那覇空港国際線チェックインカウンター

レストランやカフェ、フードコートなどのフードエリアは、国際線ターミナル寄りの3階と4階になっている。チェックインカウンターと同じ3階のエリアには那覇空港では初めてとなる「マクドナルド」、アメリカで人気のフローズンヨーグルトショップ「ピンクベリー」、そして沖縄の人気ステーキ店「ステーキハウス88」、沖縄生まれのアイスクリーム専門店「スノーラグーンアイスクリーム カフェ&スイーツ」、ラーメン店「東京豚骨ラーメンばんから」が入る。特にステーキハウス88は人気ステーキ店で那覇市内のお店に訪れたことがある人も多いと思うが、時間がない時に空港内でステーキが堪能できるのは嬉しい。

マクドナルドも那覇空港内では始めての出店

沖縄の人気ステーキ店「ステーキハウス55」のテンダーロイン(ステーキの写真は別店舗で撮影)※写真ありの記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

また4階に上がると、フードコートを中心に「吉野家」「はなまううどん」をはじめ、鉄板焼き「グルメ風月」、お寿司「Japanese Sushi John」、沖縄そば「御殿山」、丼専門店「丼 なんとや」、とんかつ「新宿さぼてん」などが並び、更「ドトールコーヒー」「サブウェイ」などもある。店舗数が増えたことで空港内における食事のカフェや選択肢が増えたのだ。フードコートエリアからは新たに滑走路や駐機中の飛行機も一望できるので、子供連れにもオススメスポットと言える。

4階のフードコートには吉野家、はなまるうどん、新宿さぼてんなど首都圏でもお馴染みのお店も多く入っている。

今回の拡張エリアでは大きな窓から発着する飛行機が一望できる

500円前後でも飲食できるお店が増えると共に、沖縄のローカルフードを楽しめるお店もあることで、飛行機の出発時間も見ながらお店選びができる。まだオープン直後で国内線の出発口から少し離れていることもあり、今はゆっくり食事ができるようだ。

更に2階には商業エリア「YUINICHI STREER(ユイニチストリート)」がオープンした。大型ショッピングモールのような雰囲気で「日本ブランドと沖縄プレミアム」というコンセプトでアイデア溢れるワンランク上のお土産も数多く販売されているなど、早く空港に来て、国内線エリアのお土産店と共にお土産選びすることができるようになった。

2階の「YUINICHI STREER(ユイニチストリート)」は、まるでショッピングモールのような雰囲気でワンランク上のお土産品が多い

その他に既にオープンしているお店であるが人気行列店として「ポークたまごおにぎり本店」が国内線到着ロビーのすぐ横にあり、日本人観光客だけでなく、アジアからの観光客も評判を聞きつけて長い列をなしている。店内で食べられることもできるが、テイクアウトして帰りの飛行機の中や自宅に持ち帰ることもできる。メニューも豊富でスタンダードの「ポーたま」をはじめ、明太子、高菜、海老フライ、ゴーヤ、島豆腐の厚揚げなどが入ったオリジナルのポークたまごおにぎりが楽しめる。

那覇空港内で今、最も行列が長い「ポークたまごおにぎり本店」は国内線の到着ロビーにある

また既にオープンしているが、ゆっくり美味しいコーヒーを飲みながら電源も使えるカフェとして那覇空港を頻繁に利用する人の利用が増えているのが、国内線3階のJALチェックインカウンターの奥(ジェットスター・ジャパンのチェックインカウンターの隣)に昨年オープンした「タリーズ」。都心のお店とメニューは変わらないが、テーブルや電源も完備しているので、空港内で仕事をしたり、充電したりしたいときに重宝する。奥まっていてわかりにくいかもしれないが、店内も広いのでおすすめだ。

国内線のジェットスター・ジャパンチェックインカウンターのすぐ横にあるタリーズコーヒー。空港内で仕事をしたり充電したい人におすすめ

これまで飲食店が限られていた那覇空港が飛躍的に使いやすい空港に変貌した。チェックインカウンターや保安検査場も混み合っていることが多いので、早めに空港に到着してチェックインをした後の時間を楽しんでみてはいかがだろうか。

取材・文/鳥海高太朗

航空・旅行アナリスト、帝京大学航空宇宙工学科非常勤講師、ANA「What's up? ANA」社外編集者

@DIME

最終更新:4/11(木) 7:22
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年8月号
6月14日発売

定価800円

2019上半期ヒット商品大研究
夏を制するのは「爽やか」な男前
MEGA CITY SHIBUYAの全貌

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事