ここから本文です

「山越え」で東京脱出、人の朗らかさに触れてホッとする

4/11(木) 19:03配信

ニューズウィーク日本版

──変革期の「無為自然な日常」を求めて......東京晴海埠頭から糸魚川市まで徒歩の旅

今回はこの旅初の「山越え」である。東京湾岸の晴海埠頭から歩き継いできて、4回目の前回、ついに東京都の人里が途切れる裏高尾までやってきた。車の一般道ルートなら、国道20号で大垂水峠を越えて東京脱出となるわけだが、車の騒音と排気ガスにまみれた国道の峠道は、歩行者にとってはまさに“酷道”である。なので、今回の都県境越えは、前回ゴール地点の小仏バス停近くの景信山登山口から登山道に入り、そのまま稜線を辿って陣馬山経由で神奈川県側の藤野駅へ下りる軽登山のコースを取ることにした。

◆祝日の東京近郊の山へ

今回はこの旅初の「山越え」である。東京湾岸の晴海埠頭から歩き継いできて、4回目の前回、ついに東京都の人里が途切れる裏高尾までやってきた。車の一般道ルートなら、国道20号で大垂水峠を越えて東京脱出となるわけだが、車の騒音と排気ガスにまみれた国道の峠道は、歩行者にとってはまさに“酷道”である。なので、今回の都県境越えは、前回ゴール地点の小仏バス停近くの景信山登山口から登山道に入り、そのまま稜線を辿って陣馬山経由で神奈川県側の藤野駅へ下りる軽登山のコースを取ることにした。

登山決行日は3月21日、春分の日。春の祝日の東京近郊の山ゆえに、登山道の大渋滞を覚悟しつつ、我々も『日本縦断徒歩の旅』過去最多の5人のパーティーで臨んだ(日帰りで繋いでいくこの旅は毎回参加が義務の筆者以外は参加自由である)。

起点となるJR高尾駅から小仏バス停までのバスはハイシーズン仕様の2台運行体制で、それも満員。とはいえ、山はやはり街よりもキャパシティが大きい。登山口から景信山山頂までの約1時間の上りこそ他のパーティーと共に大名行列で歩くシーンがあったものの、前後がつかえるほどの渋滞は起きなかった。曇時々雨の天気予報がいい方向に外れて青空が広がるという幸運に恵まれたのも大きかったかもしれない。

◆自分たちが歩いてきた街を見下ろす

景信山山頂までの行列登山の最中、前を歩く壮年女性のリュックに赤地に白文字の「アベ政治を許さない」バッジが揺れていた。僕は、行程の3分の1くらいを上下に揺れる現首相への非難声明を見ながら歩いたわけだ。これにはなかなかの催眠術効果があったようで、しばらくこの赤いフレーズが頭から離れなかった。

でもこれ、時の政権のトップに対する非難だからまだ許されているけれど、人の仕事やスタンスを名指しで公に非難することを「許さない」と感じる人もいるのではないだろうか(今の正義感溢れるネット社会ならなおさらである)。「アベ政治」のどこがいけないのか個別的・具体的に説明できないのなら、それは批判ではなく感情的な「非難」であり、昨今流行の言い方なら「ヘイトスピーチ」に当たるのではなかろうか。せめて人格に対する揶揄混じりの「アベ」はやめて、堂々と「安倍晋三」とフルネームの呼び捨てで糾弾する覚悟が欲しい。

1/4ページ

最終更新:4/12(金) 13:21
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-7・23号
7/17発売

460円(税込)

【特集】日本人が知るべきMMT
アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ