ここから本文です

ウェイド、トリプル・ダブルで有終の美 “有言実行締め”に敵地ファンも大歓声

4/11(木) 15:03配信

THE ANSWER

現役最後の試合でトリプルダブルを達成、試合中に盟友に宣言

 米プロバスケットボール(NBA)のスーパースター、ヒートのドウェイン・ウェイドが10日(日本時間11日)のネッツ戦で現役最後の試合を迎えた。25得点、11リバウンド、10アシストの「トリプルダブル」を記録。有終の美を飾った。米メディアは37歳が最後にトリプルダブルを決める瞬間を動画で公開。試合中に盟友に「トリプルダブル」を宣言しており、有言実行で締めくくった。

【動画】これがウェイドの最後の雄姿、トリプル・ダブル達成の瞬間のレブロンら盟友の表情は?

 最後の最後までスーパースターだった。ウェイドは最終クオーターに、トリプルダブルとなるアシストをマーク。左手を挙げ、敵地のファンからの大歓声に応えた。会場に足を運んでいた盟友のクリス・ポール、レブロン・ジェームズ、カーメロ・アンソニーというそうそうたるメンバーも、立ち上がって歓喜を爆発。ウェイドの最後の雄姿を目に焼き付けた。

 実際のシーンを米メディアが公式インスタグラムで動画で公開しているが、米紙「USAトゥデー」のスポーツサイト「フォー・ザ・ウィン」も記事で有言実行の快挙だったことを明かしている。

ハーフタイムにトリプルダブルを宣言

「ウェイドは仲の良いクリス・ポール、レブロン・ジェームズ、カーメロ・アンソニーがコートサイドで試合を見守る中、ハーフタイムにポールに対してトリプルダブルを取りに行くと話した」

 25得点、11リバウンド、10アシストという、まさに有言実行の結果を残してみせたことを伝えている。

 NBAチャンピオンに3度輝き、NBAオールスターには12度出場。また米国代表として2008年の北京五輪の金メダル獲得にも貢献した。NBA史上最高のシューティングガードの一人に数えられるウェイドが、華々しいキャリアに幕を下ろした。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/11(木) 21:29
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事