ここから本文です

坂本花織、自己最高更新の3位 全選手トップのPCSを米記者絶賛「完全にそれに値する」

4/11(木) 19:00配信

THE ANSWER

坂本は表現力で紀平、トゥクタミシェワを上回りトップ

 フィギュアスケートの国別対抗戦が11日、マリンメッセ福岡で開幕。注目の女子ショートプログラム(SP)ではグランプリ(GP)ファイナル女王の紀平梨花(関大KFSC)がSP史上最高得点の83.97点を叩き出し、首位スタートを決めた。一方で全日本女王の坂本花織(シスメックス)も完璧な演技で76.95点をマーク。自己ベストを更新し3位となった。PCS(演技構成点)は36.00点で、紀平を上回りトップだった。米記者は「完全にそれに値する」と称賛している。

【画像】宇野が紀平が恒例の仮装姿に…坂本の謎のかぶりものも話題に、日本代表応援席の実際の様子

 紀平が衝撃の演技を披露したどよめきがまだ残る中で、最終滑走で登場した坂本も全日本女王のプライドを見せつけた。

 冒頭の3回転フリップ―3回転トウループの連続ジャンプを美しく決め、続くダブルアクセル、後半の3回転ループも完璧に降りた。坂本らしいダイナミックな演技で、自己ベストを更新する76.95点。紀平、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)に続く3位に入った。

 表現力を示すPCSは36.00点で紀平(35.80点)、トゥクタミシェワ(34.68点)を上回りトップ。スケーティング技術や、つなぎの部分での高く評価された。米の名物記者ジャッキー・ウォン氏も自身のツイッターで坂本について「大会最高PCS、完全にそれに値する」と称賛している。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:31
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事