ここから本文です

世界最高の輝きを放ったミッドフィルダーは誰だ! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/3月版・MF編)

4/11(木) 7:00配信

フットボールチャンネル

ボールハンター

5位:ウィルフレッド・ディディ(ナイジェリア代表/レスター)
生年月日:1996年12月16日(22歳)
3月成績:リーグ戦4試合出場/0得点0アシスト、アフリカネイションズカップ予選1試合出場/0得点0アシスト

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 レスター所属3年目を迎えた守備的MF。ボール奪取の上手さに長け、鋭く的確なタックルも同選手の特長だ。まだ22歳と若いが、昨年行われたロシアワールドカップにナイジェリア代表として出場するなど、持っているポテンシャルは非常に高い。近く、ビッグクラブ移籍を果たしてもおかしくはないだろう。3月はリーグ戦4試合に出場。得点やアシストはなかったが、データサイト『Who Scored』内では同4試合中3試合で7点以上のレーティングが与えられているなど、申し分ない活躍を見せていた。チームも現在リーグ戦4連勝中と調子が良い。

アタランタの主将

4位:アレハンドロ・ゴメス(アルゼンチン/アタランタ)
生年月日:1988年2月15日(31歳)
3月成績:リーグ戦4試合出場/1得点2アシスト

 主将としてアタランタをけん引するアルゼンチン人MF。身長は165cmと小柄だが、キレのあるドリブルと落ちることないスピード、強烈なミドルシュートを武器にし、攻撃面で抜群の存在感を発揮できる選手だ。自ら得点を奪う能力にも長けているが、味方を生かす上手さも健在。今季リーグ戦でも6得点9アシストの成績を収めており、チームもチャンピオンズリーグ出場圏内を狙える5位につけている。アタランタにとっては頼もしく、そして不可欠な存在と言えるだろう。

バルサの攻守の要

3位:イバン・ラキティッチ(クロアチア代表/バルセロナ)
生年月日:1988年3月10日(31歳)
3月成績:リーグ戦4試合出場/1得点2アシスト、CL1試合出場/0得点0アシスト、EURO予選2試合出場/0得点0アシスト

 クロアチア代表のロシアワールドカップ準優勝に貢献した世界屈指のMF。攻撃面でも守備面でもチームに大きなものをもたらすことができる選手であり、所属するバルセロナでも不動の地位を築いている。3月はEURO予選含め公式戦7試合に出場するなど大忙しだった同選手だが、いずれの試合でも安定感あるパフォーマンスを見せており、改めてその実力を世界に証明した形となった。

1/2ページ

最終更新:4/11(木) 7:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事