ここから本文です

マンU、CL史上最多…通算8回目のオウンゴール。バルサ戦で自殺点を記録したのは…

4/11(木) 7:20配信

フットボールチャンネル

【マンU 0-1 バルセロナ CL準々決勝1stレグ】
 
 現地時間10日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグの試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはバルセロナと対戦し0-1の敗戦を喫した。この試合で、CL記録を更新するオウンゴールが発生している。

【写真】マンUからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング

 試合開始して12分、リオネル・メッシのクロスに合わせたルイス・スアレスがヘディングシュート。最後にフィリッペ・コウチーニョが飛び込み、バルセロナに先制点が入った。かに思われたが、副審がオフサイド判定の旗をあげた。

 しかし、コウチーニョが押し込んだのではなく、ルーク・ショーに当たって入ったことが明らかになり、主審がゴールを認めることに。結局、この得点が決勝点となりバルセロナが1-0の勝利をおさめている。

 サッカーのデータ分析を手がける『Opta』によると、CLの歴史の中でユナイテッドよりも多くオウンゴールを記録したチームはいないという。ルーク・ショーによって、ユナイテッドがCL史上最多となる通算8回目のオウンゴールを記録することになった。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/11(木) 7:20
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事