ここから本文です

日テレ、テレ朝ではなく、TBSが4月第1週で視聴率2冠の怪 「志村けん」が貢献

4/11(木) 13:31配信

デイリー新潮

現場から不安の声

 2018年度(18年4月2日~19年3月31日)の視聴率(ビデオリサーチ調べ:関東地区・以下同)は、日本テレビの5年連続3冠達成で幕を下ろした。だが、2位のテレビ朝日が猛追しており、月間平均視聴率ではテレ朝が上回る月もあった。19年度はデッドヒートが予想され、目が離せない状況だ。

 そんな中、今年度の行く末を占う4月第1週(1~7日)の視聴率が発表された。全日(6~24時)、ゴールデン(19~22時)、プライム(19~23時)のうち、ゴールデンとプライムの2冠を制したのは、なんとTBSだった――何があったのか? 

 ***

 TBSはゴールデンが10.9%、プライムが10.8%だった。2位に甘んじた王者・日テレはゴールデンが10.5%、プライムが10.6%。それぞれ0.4ポイントと0.2ポイントの差をつけての勝利である。TBSの2冠なんて、あまり記憶がないが……。

「そうでしょうね。ゴールデンとプライムでTBSがトップを取ったのは、15年11月の第3週以来、約3年半ぶり。4月第1週での2冠となると、実に10年ぶりの快挙ですから」(他局プロデューサー) 

 ビッグハット(TBS社屋の愛称)の中ではお祭り騒ぎになっているのでは? 

「それはどうでしょうか。あくまで番組改編期の特番編成による結果です。レギュラー番組が始まれば、日テレとテレ朝の争いに戻ると思います」(同)

 とはいえ、この時期、各局とも特番を組んで勝負した結果である。令和のTBSは、平成とはひと味違うということではないのか? 

タナボタ

「まあ確かに、TBSで最も数字を取ったのは、“令和だョ! 全員集合!!”と題して志村けんさんが師匠の亡きいかりや長介さんを涙ながらに語った、『中居正広のキンスマスペシャル』(5日・20時57分~23時09分)でしたけどね。『キンスマ』が16.6%を取った一方、日テレの『金曜ロードSHOW!』(同・21時~23時29分)がジブリ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』を持ってきたにもかかわらず、6.0%しか取れなかったことが大きかったですね。そして春と秋に恒例の『オールスター感謝祭』(6日・18時25分~23時48分)は5時間超で12.4%も取ったのは大きい。ただ、この番組もスタートしたのは91年ですからね、TBSが新しくなったというより、昔のまんま変わっていないというイメージが強い。逆に本命の日テレは、ジブリ映画の失策以外にも、安定した人気の『踊る! さんま御殿!!』を『プロ野球中継(巨人対阪神)』(2日・19時~20時54分)に差し替えて8.8%にしかならなかった。さらに、レギュラーなら確実に数字を取る『世界の果てまでイッテQ!』と『ザ! 鉄腕! DASH!!』と『行列のできる法律相談所』を、1つの特番にしたせいで自滅してしまった。TBSの2冠は、どちらかというと、他局の敵失によるタナボタ感があります」(同)

 TBSも諸手を挙げて喜んでいる場合ではないようだ。

「ただ、業界で今注目されているのが、TBSの『東大王』です。昨年10月に、日曜・19時からの放送を水曜・19時に移動したのですが、そこから数字がジワジワと上がり始めているんです。日曜夜の激戦区から逃げたからではなく、クイズの質が良くなりました。東大王が生まれる前のことを出題したり、漢字オセロなど、一般人が知らない知識ばかりで競うのではなく家族で楽しめるようになったからではないかと思います。その結果、3日に放送された『東大王 3時間SP』(19時~22時)も10.8%と貢献しています。そして4日の『プレバト!!』(19時~22時)も人気の俳句と水彩画で3時間放送して、13.5%も取っています」(同)

 まだまだ東大生ブームは続きそうである。

「『プレバト!!』がなければ2冠は無理だったと思いますが、この番組は系列の毎日放送(MBSテレビ)の制作ですから、TBSも手放しで喜べないんですよ。それに昔は、こんなものじゃなかったんですよ。TBSの改変期といえば、『オールスター感謝祭』に加えて『渡る世間は鬼ばかり』『学校へ行こう!』『関口宏の東京フレンドパーク』と盛り沢山で、2冠どころか3冠狙いでグイグイ来たもんです」(同)

週刊新潮WEB取材班

2019年4月11日 掲載

新潮社

最終更新:4/11(木) 13:31
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事