ここから本文です

母の慟哭告白〈協会、栄元監督らを提訴〉レスリング代表合宿で全身不随 息子は「殺してくれ」と私に…【全文公開】

4/11(木) 11:00配信 有料

文春オンライン

福田富昭会長

「息子は首から下の感覚がありません。両手足だけでなく、体幹の感覚もないんです。生殺しというか、首から下を生き埋めにされているようなものです。

 息子はずっと『怖い、怖い』と口にしていました。最初の頃は『お母さん、俺のここ触ってみて、あそこ触ってみて』と私に体を触らせるのですが、『わからへん、わからへん』って。もちろん手を握っても反応はない。そして涙を流しながらこう言うんです。『今まで普通に過ごしてきたけど、俺はかゆいとこもかかれへんし、涙もふかれんくなってしまったわ』」

 こう切実に語るのは、レスリング元学生王者の谷口慧志(けいじ)選手(22)の母親だ。 本文:3,137文字 写真:4枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年4月18日号

最終更新:4/11(木) 11:00
記事提供期間:2019/4/11(木)~12/7(土)
文春オンライン

おすすめの有料記事

もっと見る