ここから本文です

明日は金曜!恵比寿で長い夜を楽しむなら、ラストオーダー26時の新ビストロへ!

4/11(木) 5:20配信

東京カレンダー

人通りも少ない明治通り沿いに建つ一軒家ビストロ。

LOは深夜26時。

今年1月にオープンしたばかりなのに常に賑わいを見せるこの店は、ワインとチーズだけを目当てに来る常連もいるほど、気軽な雰囲気だ。

それでいてお洒落さも美味しさも備えている、それが『ヨシダ ハウス』だ。

明日を気にせず心地よく酔って夜を楽しみたい『ヨシダ ハウス』

金曜夜の最大の価値は、明日が休みですべてのことから解き放たれることだ。

つまり、時間を気にしないで好きにお酒を飲むことができる。これほど嬉しい日はない!

週の初めにも飲むことは飲むが翌日の仕事のことを考えて量もほどほどにするし、何よりテンションがまるで違う。

金曜夜は準備万全、本格的に飲める。特にお酒好きの恋人と一緒ならなおさらだ。

ふたりで食事を楽しみ、二軒目に移動。

賑やかだった一軒目のエリアからタクシーを静かな街に走らせる。

終電も忘れ、どうせ帰りもタクシーなのだから駅から遠くてもいい。

目指すは、センスのいいワインと料理のある癒される雰囲気のビストロ。

細かなことを忘れ、ふたりでボトルを開けてゆっくりと飲めばいつにも増してお酒が美味しい。

これができるから金曜夜は最高だ。

広尾駅と恵比寿駅の間の明治通り沿い、どちらの駅からも遠い場所に行く価値のある店がある。

『ヨシダ ハウス』は、オーナーシェフの吉田佑真さんが今年1月にオープンした一軒家ビストロ。

家に遊びに来てもらう感覚にするためハウスという言葉を店名につけた。

そんな吉田さんの気持ちに甘えて、夜遅くに友人の家に行く気分でふらりと訪れてみよう。

店は繁華街ではなく静かなエリアに建ち、ふたりを入店前からしっとりとした大人のモードにさせる。

そしてカウンター席に腰かけてみれば、これが本当に家のように落ち着く。

白とウッドを基調にしたお洒落かつ温かみのあるデザインに、すぐにリラックスするだろう。

吉田さんは正統派フレンチでの経験が長く、そんな吉田さんが作る料理は、ふたりでシェアして楽しめる大皿料理。

LOは26時と夜深いが、日をまたいで食べても安心な軽やかさもある。

例えば15種類の野菜が入ったサラダは、トマトのエキスを効かせたドレッシングがかかり、その酸味が二軒目にほどよい。

千円以下の料理も多く、すべてがきちんと美味しい。

1/2ページ

最終更新:4/11(木) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事