ここから本文です

巨人・戸根千明投手 失っていた輝きを取り戻すシーズン/今季はひと味違います!

4/12(金) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 屈強な肉体に秘めるパワーは無限大だ。戸根千明は今季、3季ぶりの開幕一軍を勝ち取った。1年目の2015年に46試合に登板した左腕が、復活を期している。

「去年はケガばかりだったので、1年間ケガをしない体作りを念頭に置いてやってきました。筋力はだいぶあるので、それを生かすトレーニングをやってきました」

 2年目以降は思うように成績を残せず、昨季はシーズン途中に左ヒジを痛めた影響で一軍登板ゼロ。オフは、元力士の助言を受け、四股踏みトレーニングなどで股関節の可動域を広げた。投球動作の中で「こんなに体重移動がスムーズにできるんだ」と効果を実感しているという。

 春季宮崎キャンプは二軍スタートも、沖縄2次キャンプで一軍に昇格。オープン戦は4試合に登板し、無失点でアピール。ハイライトは3月18日のシアトル・マリナーズとのプレシーズンゲームだ。4回一死二、三塁から3番手で登板。日米通算4367安打のイチローから、鋭いスライダーで見逃し三振を奪った。「とても緊張しました。イチローさんとの対戦は、誰もが経験できることじゃない。いい経験をさせてもらいましたし、とてもありがたかったです」。その後もマウンドに立ち、1回2/3を無安打無失点に抑え、存在感を示した。

 開幕3戦目の3月31日の広島戦(マツダ広島)で今季初登板。2年ぶりの一軍戦で3年ぶりにホールドを記録。4月11日時点で3試合に登板し、無失点投球を続けている。失っていた輝きを取り戻すシーズンを、勢いよく滑り出したといえるだろう。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/12(金) 12:33
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事