ここから本文です

日本シリーズ、巨人の開幕投手は王?/週ベ回顧

4/12(金) 14:22配信

週刊ベースボールONLINE

 昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

エースのジョーの夫婦愛

 今回は『1966年10月31日増大号』。定価は70円だ。

 巨人─南海の日本シリーズが開幕した。この号には第4戦までが載っていた。

 巨人の開幕投手は誰かが話題になっていたが、来る南海との日本シリーズにかなり自信があるのだろう。巨人の選手も記者たちの「先発当てゲーム」に乗った。

 その中で「先発は俺だよ。俺のほかに誰がいるんだい」と言ったのは、王貞治。「もっとも先発の一塁手だがね」と想定内のオチだった。

 候補は城之内邦雄、堀内恒夫、金田正一。シーズンの実績は城之内だが、日本シリーズではまだ勝ち星なしとつきがない。堀内は新人、金田はシーズン中はさんざんだったが、大舞台への強さはある。

 長嶋は「ジョー(城之内)だよ、ジョー。俺の勘はさえているんだぜ」。同意見が14人で最大勢力だった。

 冒頭のジョークの後での王は「誰がなんといっても堀内さ。なあ」と言って、傍らの堀内自身に目をやると、
「そうですよ。僕が投げなきゃ収拾がつかんでしょ」
 と乗ってきた。

 ただ一人、「さあ、分からんな」と答えたのが、捕手の森昌彦。おそらく知っていたのだろう。

 実際の開幕第1戦は、城之内が先発し勝利投手に。ネット裏に夫人を招待していただけに喜びもひとしおだった。なお、城之内のピンチの際、夫人がぎゅっと何かを握りしめ、下を向いていた。記者たちは「お守りかな」と思っていたが、尋ねると、
「2人で写っている写真です。一生懸命写真を抱いてお祈りしていたんです」とのこと。
 ご馳走様です。

 第2戦は堀内で落とし、第3戦は金田正一のはずだったが、雨で順延となったこともあり、城之内がまた投げて勝った。

 南海は、この3試合にパームボールを武器とする“一枚看板”渡辺泰輔がすべて先発。第1戦は打者6人でKOされたが、2戦は勝利投手、3戦目は好投しながらの敗戦投手だった。

 対渡辺で張り切ったのが「高校時代(法政二高)、慶応高の渡辺さんとはよくやったからね」という柴田勲。2、3戦と渡辺から6打数6安打。第4戦では皆川睦男から打って7打数7安打とした。

「まぐれですよ」と笑う柴田だが、本来の一番から打順を七番に下げられた悔しさもあったようだ(一番は国松彰。川上哲治監督は「一番を2つつくりたい」と話していた)。

 第4戦は待たされ続けた金田が1失点完投勝利。打っても2安打で、うっぷんを晴らした。

 では、また月曜日に。
 
<次回に続く>

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/12(金) 14:53
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事