ここから本文です

プログラマーの過酷な労働条件を改善せよ

4/12(金) 8:13配信

WIRED.jp

中国のソフトウェア開発者ふたりが、オープンソースソフトウェアの力を利用して、プログラマーの労働環境を改善しようと試みている。

充実するフロントエンドの便利ツール、むしろエンジニアの新たな「悩みの種」に?

このほどキャット・グーとスージー・ヤンのふたりが発表したのは、「反996ライセンス」と呼ばれるオープンソースのライセンス方式だ。996とは午前9時から午後9時まで、週6日働くことを指す。こうした勤務体系が中国で常態化しており、「反996」の動きが広まっていることに対応したものである。

このプロジェクトのソフトウェアを利用する企業には、地元の労働法や国際労働機関(ILO)の基準を順守するよう求める。そこには労働者の団体交渉権や、強制労働の禁止も含むという。

『サウスチャイナ・モーニング・ポスト(南華早報)』の報道によると、この996の過酷な労働環境が、中国のテック系スタートアップに蔓延しているのだという。

こうした動きを受けて先週、匿名の活動家が「996.ICU」というウェブサイトを立ち上げた。そこには、中国の労働法において労働時間が週44時間に規制されていることや、残業手当の支払いを義務づける規定などについて詳しく書かれている。どれも996の労働環境においては、明らかに守れていないことだ。

この活動家は、ソースコードの共有プラットフォーム「GitHub」にリポジトリ[編註:ファイルやディレクトリーの状態を保存する場所]を設けた。これはすぐに、GitHubで過去に例がないほど急速に利用者が増えた。いまではグーグルが提供しているオープンソースの人工知能フレームワーク「TensorFlow」や、フェイスブックによるオープンソースコードのライブラリー「React」よりも多くのスター(Facebookのいいね!のようなものだ)を獲得している。

過酷労働の企業リストにはアリババやDJIも

オープンソースソフトウェアは広く使われており、多くの製品やサーヴィスに欠かせない存在になっている。2014年には、オープンソースの暗号化通信ソフトウェア「OpenSSL」に見つかった「Heartbleed」と呼ばれる脆弱性が、ネットで小規模ながらも危機を引き起こした。

反996のライセンスは、労働条件に関する要求などを除けば、一般的なオープンソースのラインセンスとなんら変わりない。このライセンスを採用したプロジェクトの数は、現時点で75以上にもなる。

一連の動きは、オープンソース開発者たちが大企業に対してもつ潜在的な力を最大化しようとする試みといえる。だが、これらのプロジェクトが大企業にとってどれだけ重要な意味をもつかは不透明だ。

996.ICUが立ち上がったあと、エンジニアたちに「996」の労働を求めているとされる企業のリストをGitHubのユーザーが公開した。このリストには電子商取引の大手企業であるアリババ(阿里巴巴集団)、ドローンのDJI(大疆創新科技)、ショート動画共有アプリ「TikTok」を展開するバイトダンス(字節跳動)が含まれている。

これらの企業に『WIRED』US版はコメントを求めたが、返答がなかった。こうしたなか、逆にワーク・ライフ・バランスに優れる企業のリストを作成した人もいた。

1/3ページ

最終更新:4/12(金) 8:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事