ここから本文です

中国軍機が台湾海峡の中間線を故意に越える 中国が軍事的圧力を強化、緊張する台湾海峡

4/12(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

中国軍機の台湾側空域への侵入は極めて異例だ。写真は中国空軍のJ-11戦闘機(U.S. Navy/ロイター/アフロ)

<2019年4月20日号> 3月31日、台湾国防部が、同日午前11時ごろ、中国のJ-11戦闘機2機が台湾海峡の中間線を越えて台湾側空域に侵入したと発表した。中国軍機が台湾海峡の中間線を故意に越えるのは極めて異例である。台湾は戦闘機計6機をもって対応した。両軍機の対峙は約10分間続いたという。 本文:1,463文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

小原 凡司 :笹川平和財団 上席研究員

最終更新:4/12(金) 18:00
週刊東洋経済