ここから本文です

紀平梨花、「83.97の衝撃」に宿敵ロシア実況席も賛辞「この滑りは絶対に理想的」

4/12(金) 8:23配信

THE ANSWER

衝撃の世界新記録、ヤグディン氏も称賛「キヒラはもっと良く滑ることできる」

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(マリンメッセ福岡)は11日、女子ショートプログラム(SP)でグランプリ(GP)ファイナル女王の紀平梨花(関大KFSC)が衝撃の世界新記録をマークした。代名詞の3回転アクセルを決め、83.97点で1位となった。優勝を争うライバルのロシア実況席も高く評価している。

【画像】紀平の被りものは? 坂本は“謎のカツラ”が話題に…名物となった日本代表の“仮装応援席”の実際の写真

 福岡の地から紀平が衝撃をもたらした。課題だった冒頭の3回転アクセルを着氷。一気に勢いに乗ると、連続ジャンプを含めミスのない演技を披露した。音楽が鳴り終わると同時にガッツポーズを炸裂。感情が行動となって表れた。「83.97の衝撃」に驚いたのは、ライバル・ロシアの実況席だった。

 国営放送で解説を務めたソルトレイクシティー五輪男子金メダリストのアレクセイ・ヤグディン氏は「もし、リカ・キヒラが日本で行われた世界選手権でSPをこのように滑っていれば、全く違った結果になっていたかもしれません」と話し、SP7位と出遅れて4位に終わった前戦を引き合いに出した。

「もちろん、人生において理想的なものというものはないのですが、この滑りは絶対に理想的な滑りに近いものです。もしかしたら、リカ・キヒラはもっと良く滑ることができるのかもしれませんが」とさらなる伸びしろを認めながら、今回は完璧な演技であると称えていた。

タラソワ氏は身体能力を評価「着氷にスピード」「素晴らしく回転」

 また、見事に決めた3回転アクセルについて「リーザ・トゥクタミシェワは高く跳びます、リカ・キヒラはその自身のとても速い回転のおかげでとても飛行的な3回転アクセルです」と母国の名手と比較しながら、紀平の絶対的な武器についても言及し、重鎮タチアナ・タラソワ氏も「彼女は着氷の際、よりスピードがあります」と評した。

 さらに、タラソワ氏は3回転フリップ―3回転トウループの連続ジャンプについても「彼女は素晴らしく回転しています」と一言。16歳の高い身体能力を認めているようだった。ヤグディン氏が得点表示の前から「私はリカ・キヒラが絶対に首位に立つと思います」と語った通り、紀平は世界最高得点で1位となった。

 今季、3回転アクセルを決められず、苦しんできたSPで圧巻の演技を披露した紀平。連覇を目指す日本を牽引する16歳のフリーはさらに楽しみだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/12(金) 10:24
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事