ここから本文です

東京五輪の秘密兵器? “元Jリーガー”の慶南MF邦本宜裕、韓国紙が絶賛「悪魔の才能」

4/12(金) 12:01配信

Football ZONE web

韓国移籍後初の日本クラブとの対戦となったACL鹿島戦で全2得点に絡む活躍を披露

 かつてJリーガーとしてプレーした慶南FC(韓国)のMF邦本宜裕は、9日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第3節・鹿島アントラーズ戦(2-3)で、全2得点に絡む活躍を見せた。韓国移籍で“復活”を遂げた21歳のレフティーを現地メディアは「悪魔の才能」と称し、東京五輪世代の注目株として報じている。

【動画】「悪魔の才能」と韓国紙称賛 慶南FW邦本宜裕のピンポイントCKアシスト

 邦本は浦和レッズユースから2015年にアビスパ福岡へ加入してJリーグデビュー。翌年には主力クラスまで上り詰めたが、契約条項に違反する秩序風紀を乱す行為があったとして17年に福岡との契約解除が決定。無所属の期間を経て、2018年に韓国へ渡った。

 9日の鹿島戦は、韓国移籍後初めて日本のクラブと対戦。スコアレスで迎えた後半11分、右サイドの敵陣深くで邦本が鹿島MF名古新太郎とマッチアップ。切り返しで相手を揺さぶり、ゴール前に鋭いクロスを左足で入れると、これが鹿島DF犬飼智也のオウンゴールを誘い、先制に成功した。

 さらに後半26分、邦本が右コーナーキックのキッカーを務め、左足でゴール前にピンポイントクロスを入れると、MFジョーダン・マッチが鹿島DF小田逸稀のマークを外して右足ボレーを突き刺し、アシストをマークした。後半30分に1点を返されたなか、鹿島が退場者を出して数的優位に立ったが、後半アディショナルタイムに連続失点を喫し、2-3と逆転負けを喫した。

 韓国紙「中央日報」は、「慶南の攻撃の“核”邦本、慶南から東京オリンピックへ」と見出しを打って特集。波乱に満ちた経歴とともに、その才能を高く評価している。

「慶南でようやく自分の真価を発揮している。鹿島戦でも存在感を示した」

「悪魔の才能――。慶南FCの日本人選手、邦本宜裕を紹介する際に伴う表現だ。若くして日本サッカー界に登場したが、才能を咲かせる前に問題を起こし、慶南でようやく自分の真価を発揮している。鹿島戦でも存在感を示した」

 記事では、キム・ジョンブ監督との出会いが転機になったとし、「サッカーだけでなく、人間的にも成長した。ここに来て良かった」という邦本のコメントも紹介している。

 1997年10月生まれの邦本はいわゆる“東京五輪世代”。果たして、「韓国経由、東京五輪行き」は実現することになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/25(木) 15:43
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事