ここから本文です

「YOUたちは本当にバカだよね」SixTONES=ストーンズの決め手になったジャニー喜多川社長の驚きの一言とは?【視聴熱TOP3】

4/12(金) 18:10配信

ザテレビジョン

webサイト「ザテレビジョン」では、4月11日の「視聴熱(※)」バラエティー デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】ゲスト出演したSixTONESの松村北斗が、グループ名決定時にジャニー喜多川社長から言われた驚きの言葉を発表。嵐メンバーも大盛り上がりとなった「VS嵐」が1位を獲得

1位「VS嵐」(毎週木曜夜7:00-7:57、フジテレビ系)11201pt

4月11日の放送は、松坂桃李、山本美月ら16日(火)スタートのドラマ「パーフェクトワールド」チームが登場。嵐チームのプラスワンゲストにはNON STYLEが加わった。

「パーフェクトワールド」チームには、嵐の後輩であるSixTONESの松村北斗も参戦。「まだ個人として嵐さんとご一緒したことがない」と言う松村は、嵐メンバーに「個人として存じ上げていただいている方いらっしゃったら…」と問いかけた。すると、櫻井翔が「1995年生まれだっけ?」と答えると、松村は「That’s rightです」とうれしそうに言った。

続いて、松本がグループ名の表記について質問を。もともとはジャニー喜多川社長の案でグループの6人1人ずつが際立った方がいいと“SIXTONES”だったが、その後にジャニー喜多川社長は「読みづらいよね」「ストーンズがいい」と変化。メンバーは名前に込められた意味が失われてしまうと危惧したが、ジャニー喜多川社長は「YOUたちは本当にバカだよね。ixを小さくして大文字だけ読めばストーンズだよ」と言ったという。

観客席からは「あぁ~」という声が上がったが、松本は「いやいや、あぁじゃない!全然意味わかんない」と指摘。櫻井は「本気と書いてマジみたいな…」と言うと、松村は「そうですね、そういうラッパースタイルで…」と返し、そこに櫻井が「That’s right」とかぶせて笑いを誘った。

対戦では、本番組に過去に出演したことのある松坂は2連敗中で、山本も3連敗中だったが、今回は勝利することができ、2人は連敗脱出を喜んだ。

2位「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(毎週木曜夜8:00-9:57、TBS系)8087pt

4月11日の放送は、「目の前でプロが歌ってくれるサービス買うなら…モノマネ?紅白歌手?」企画に倉木麻衣がコロッケと共に登場。

バラエティー番組への出演が少ない倉木は「サプライズ好き」と明かしつつ、「20周年イヤーで新しいことにもチャレンジしていきたい」と出演のきっかけを語った。ターゲットに指名された倉木は生歌を披露し、視聴者からも「うらやましすぎる」との声が上がった。

また、視聴者の夢をかなえる「芸能人ドリームモニタリング」には、山下智久が挑戦。選ばれたのは、山下のことが大好きな祖母の夢であるデートを実現してほしいという孫の女性の願い。

初対面の場となったカフェでは、山下が現れても老眼でよく見えずになかなか気づかないというまさかの展開に。そこで、ターゲットの女性が英語で話しかけられて困っているところに、山下が近づくと、「あれ、山P?」とようやく気付いて、嬉しすぎて思わず抱きついた。その後は、山下がスカイツリーに誘い、2人きりのデートを楽しんだ。

3位「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」(毎週木曜夜11:20-0:20ほか、テレビ朝日系)3933pt

4月11日の放送は、「お母さん大好き芸人」と題し、かまいたち・濱家隆一、霜降り明星・粗品、カミナリ・竹内まなぶらが母への愛情を語った。

母親の耳の裏の匂いを嗅ぐのが好きという竹内や、母と結婚したくて「親父なんかやめて俺にしろよ」と言ってしまった宮下草薙・草薙航基など、衝撃のエピソードが続出。思わず、粗品は「今日、俺以外、全員ヘンな奴!」とツッコんだ。

また、粗品は反抗期のエピソードとして、「かあちゃん」と呼んでいたがある時に恥ずかしくなり、「ババア」とも言えなかったので、「ヤスダ」と母の旧姓で呼んでいたことを明かした。

そんな粗品の母からの手紙では、父親が亡くなったときに「俺がかあちゃんを守るから」と言われて嬉しかったという話が紹介された。粗品は「一番弱っている時期だと思って、僕にできることは、力強い言葉をかけてあげないと」と語り、今の活躍ぶりもあって宮迫博之らは感動していた。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやドラマランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標

(ザテレビジョン)

最終更新:4/12(金) 18:10
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン38号
9月11日

特別定価:400円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事