ここから本文です

矢野監督には思い切りのいい采配に期待しているわ【岡田彰布のそらそうよ】

4/13(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

平成も終わりやけどオレの人生は対巨人やった

平成最後の伝統の一戦で、巨人との力の差が出てしまった阪神。まずは不振の大山をどうするかだが、矢野監督には思い切りのいい采配をしてほしいと思っている/写真=BBM

「昭和」に生まれ、プロ野球選手になり、「平成」は現役-二軍監督-コーチ、そして一軍監督。2005年にはリーグ優勝を果たし、08年には球史に残るV逸……。いろいろありました。そして時代は「令和」へ。いまは評論家、解説者として野球にかかわって、ホンマ、幸せな野球人生やと思う。

 そんなことを振り返りながら、19年のプロ野球を迎えた。果たして新生タイガースはいかに。もちろんオレは京セラドームに向かった。ヤクルトとの開幕戦、相手は強打のチーム。それだけに相手打線をどう抑えるか……にかかっている。結果はそのとおりになった。投手陣の奮投、これに尽きる。わずかな失点でしのぎ、数少ないチャンスを生かして開幕2連勝よ。こうなれば3連勝と期待したけど、ミスも出て、思惑どおりに運ばなかった。それでも勝ち越しで終えたことで、矢野(燿大)新監督もホッとしたことやろな。

 オレも経験がある。04年の開幕戦。ディフェンディング・チャンピオンとしての重圧は確かにあった。気にする必要はない……と気持ちを静めるけど、やっぱりチャンピオンチームらしい戦いを、とベンチの中でオレは力んでいたと思う。

 今年はそのときと真逆の状況よ。昨年は最下位。優勝と最下位。天と地ほどの差よ。そやから矢野監督には、力むことなく、ノビノビと采配すればいいと願っていた。これ以上、落ちることはない。そう考えれば気はラクと違うかな。そんな中での2勝1敗スタート。まずは無難な船出ではなかったかな。

 そして4月2日から東京に乗り込んでの巨人戦よ。ここで今年の阪神の力量が分かるとオレは考えていた。ましてや東京での「平成最後の伝統の一戦」や。燃える材料には事欠かない。オレもデイリースポーツの評論の仕事で東京ドームに入った。

 平成最後の伝統の一戦か……。個人的にも感慨深いものが・・・ 本文:2,289文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:4/13(土) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る