ここから本文です

DeNA・佐野恵太 代打の“神様”誕生の予感/今年はひと味違います!

4/13(土) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 決して偶然ではない。本物の勝負強さが、佐野恵太に備わってきた。胸を張り、山崎康晃と2人でファンの大歓声を浴びたのが3月31日の中日戦(横浜)。2対2と同点の9回一死一、三塁で、代打で出番が回ってきた。「自分で決めてやると思っていた」。カウントは2ボール1ストライク。中日・小熊凌祐の外角直球を左前へ運んだ。自身2度目のサヨナラ打。就任4年目のラミレス監督にとって、開幕カードで勝ち越すのは初めてだった。

 同27日には、球団OBで元監督の近藤昭仁氏が死去。手元に届いたウイニングボールを「ご遺族に渡してください」と岡村信悟球団社長に託した。「偉大な先輩たちに並んで日本一になれるように……」とはお立ち台で添えた言葉。大目標を掲げても恥ずかしくないほど、その存在感は大きくなってきた。

 2017年にドラフト9位で入団。全体の87人中、84番目の指名だった。即戦力としてはさほど高くなかった期待値を、ここまで引き上げたのは努力のたまもの。「自分もはい上がれるように」と必死にバットを振ってきた。オフの自主トレは同僚で先輩の宮崎敏郎に師事。一昨年の首位打者と過ごした濃密な時間も、飛躍の足がかりとなった。

 昨年73試合で5本塁打。今季はオール代打の4試合で4打数4安打8打点と、神懸かり的な活躍を見せている。開幕戦で2点二塁打を放ち、4月4日のヤクルト戦(神宮)でも試合を決める代打・満塁弾。横浜に“神様”が誕生しそうな予感だ。
写真=小山真司

週刊ベースボール

最終更新:4/13(土) 16:39
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事