ここから本文です

肌トラブルは全身の不調の表れ 漢方治療の基本

4/13(土) 10:12配信

NIKKEI STYLE

「肌は内臓を映す鏡」という言葉もあり、肌の状態と体内の不調は深い関係がある。そのため体全体を見て治療に取り組む東洋医学のアプローチで、肌のトラブルが改善することも少なくない。積極的に漢方を取り入れた治療を行う、よしき皮膚科クリニック銀座院長の吉木伸子さんが2019年2月に行ったKampo Academiaプレスセミナー「漢方で肌を健康に美しく」から、漢方の基本的な考え方や実際の処方例を紹介しよう。
◇  ◇  ◇
吉木さんは積極的に漢方を取り入れた治療を行い、成果を上げている。アトピー性皮膚炎などには必要に応じてステロイド剤も使うが、漢方を併用すると効果が高く、ステロイド剤の量を減らすことも可能という。

まず、少し長くなるが、漢方の基本的な考え方を知っておこう。

■陰陽と虚実で判断

陰陽思想という言葉は聞いたことがある人も多いだろう。古代中国で生まれた哲学で、「太陽は陽」「月は陰」「男は陽」「女は陰」など、自然界に存在するものを陰と陽に分類する考え方だ。

東洋医学では、体の状態を陰と陽に分類する(図1)。陽とは熱のある状態で、患部には赤みや熱い感じがある。一方、陰とは冷えた状態で、新陳代謝が低下している。陽の病気には黄連解毒湯(おうれんげどくとう)などの体を冷やす薬、陰の病気には人参湯(にんじんとう)や真武湯(しんぶとう)など体を温める薬が使われることが多い。

一方、患者の体力や抵抗力で「実証」と「虚証」に分類される(図2)。実証というのは体の抵抗力が高い状態で、体力があって筋肉質で胃腸が丈夫。虚証は体の抵抗力が弱く、体力がなくて胃腸が弱い。この虚実に陰陽を組み合わせると、陽実証、陽虚証、陰実証、陰虚証の4タイプに患者を分類できる。

「陽で虚の陽虚証というのは新陳代謝が盛んだけれど体力や抵抗力が弱い状態で、子どもや妊婦によく見られます。逆に陰で実の陰実証は新陳代謝が落ちているが胃腸は丈夫というような状態を指します。漢方は病名ではなく、それぞれの患者の状態に合わせたオーダーメードの薬を処方する。同じ病気でも人によって違う薬を処方する場合があるので、患者の状態を正確に判断することが大切になるんです」(吉木さん)

肌のトラブルは全身の不調の表れ。それぞれの患者の状態をしっかり診て、健康にすることで結果的に肌のトラブルも治すというのが漢方の考え方だ。

1/3ページ

最終更新:4/13(土) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事