ここから本文です

災害時にも役立つ豆知識|流砂や底なし沼から抜け出すコツ

4/13(土) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

流砂や底なし沼にはまってしまうというのは、何も映画や漫画の世界だけではありません。災害時に液状化したときだって、ハマる可能性はあるのです。

【記事の全画像&動画】災害時にも役立つ豆知識|流砂や底なし沼から抜け出すコツ

いざという時に備えて、流砂や底なし沼の仕組みや、安全に脱出・救出する方法を知っておきましょう。

底なし沼にはまってしまった男性の話

2019年2月に、ユタ州にあるザイオン国立公園で、流砂に足を取られた男性が12時間にわたって抜け出せなくなるという事故が起きています。

この男性は自力では流砂から抜け出せず、同行していたガールフレンドの助けを借りても無理で、パークレンジャーの助けを呼びました。

しかし、最初に現場に急行したレンジャーも、男性を引き出すことができません。レンジャーはロープをかけて引っ張ろうとしたものの、脚が引きちぎられるような猛烈な痛みに襲われたと、この男性は救出後に証言しています。

最終的には、さらに3人のレンジャーが現場に到着し、4人がかりで何とかこの男性を救出しました。この間ほぼずっと、現場は猛烈な雪に見舞われており、男性は低体温症と診断されて治療を受けることになりました。

流砂・底なし沼の仕組みとは?

流砂は固体の粒子(砂など)と水が混ざり合った状態です。流砂に足を乗せて圧力をかけると、その重みで粒子の間の水が押し出されます。すると泥が固体のようになり、抜け出せなくなるのです。

流砂にはまるとどうなるかを知りたければ、以下にご紹介する動画をぜひ見てください。動画の投稿者は、一見堅い地面のような場所に足を踏み入れますが、実はそこは流砂で、砂の中に沈み込んでしまいます。

たった数分で、投稿者の周囲に砂から染み出た水で水たまりができているのがわかります。投稿者は脱出を試みるものの、そこからなかなか抜け出せず、どうやら想定以上に深く流砂にはまり込んでしまっていたようです。

流砂・底なし沼から抜け出すには?

人が流砂にずぶずぶとめり込んでしまうのは、足の裏という小さな面積に、全体重がかかるからです。まずはリュックサックなど、身につけている携行物をすべて手放し、少しでも足にかかる重さを軽くしましょう。

また、身体を水平に保てば圧力が分散して沈みにくくなるので、流砂に入ってしまったと気づいたら、身体を横にできないか試してみてください。

ただし、この方法が使えるのは、あくまで流砂に足を取られる前の段階に限られます。また、登山用のストックや平らな板状のものなど、体重の負荷を分散できるものが何か手元にあれば、それを流砂の上に置き、手がかりにすると良いでしょう。

また、抜け出る時には、うつ伏せよりも仰向けの体勢を取るほうが良いでしょう。こうすることで、顔が泥に浸かるリスクを減らすことができます。

1/2ページ

最終更新:4/13(土) 9:10
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事