ここから本文です

アニメ制作会社「P.A.WORKS」代表が絵本制作 地方都市の課題をエンタメとして後世に

4/13(土) 18:06配信

KAI-YOU.net

『SHIROBAKO』『サクラクエスト』で知られるアニメ制作会社のP.A.WORKS代表・堀川憲司さんが、クラウドファンディングを使った絵本づくりプロジェクト「桜ヶ池ファミリア」を発足した。

【画像】美しさに定評のあるピーエーワークスの背景美術

堀川さんが原案を担当し、絵と文を若手絵本作家のごみたこずえさんがつとめ、二人三脚で制作される。

クラウドファンディングでは目標金額を50万円とし、2人のサイン入り絵本、本のクレジットへの名前記載など、支援者に対する4種類のリターンが用意されている。期限は6月12日(水)まで。

地域の課題を「物語」として発信

「桜ヶ池ファミリア」は、アニメスタジオを経営するかたわら、週末には兼業農家として農作業に勤しむ堀川さんが感じた地域の課題を、「物語」としてクリエイターと共に形に残したいという思いからスタートした。

そのうえで、地域課題の発信だけでなく、何世代にもわたって子供たちが純粋に楽しめる形として絵本が選ばれた。

『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続いて、P.A.WORKSが2017年に制作した『サクラクエスト』に登場した舞台と、その舞台のモデルとなった富山県南砺市(なんとし)との「リアル×アニメ」姉妹都市提携から着想を得ている。

同作に登場する地域活性化プロジェクトをモチーフに「桜ヶ池ファミリア」というプロジェクト名がつけられた。

富山県南砺市という地方都市にアニメスタジオを構え、その課題と日常的に向き合ってきた堀川さんだからこその絵本になりそうだ。

あいざわなみ

最終更新:4/13(土) 18:06
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事