ここから本文です

ベトナム農村ではネズミを食べる、食文化を体験してみた

4/13(土) 17:20配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

 ネズミにする? それともコウモリ?

 料理人が、血のついたネズミとコウモリの死骸を、私の顔の前にぶら下げた。

ギャラリー:ネズミを食べてみた、ベトナム農村の食文化 写真10点

 ここはベトナム南部、カンボジアとの国境に近いメコン川沿いの街、チャウドック。普段ならどちらも遠慮するところだが、間もなく新年を迎えるに当たり、ちょっとした食の冒険も、自然なことのように思えた。

 私はネズミを選んだ。この辺りのネズミは地下鉄の構内を走り回っているわけではないし、何となくコウモリよりおいしそうに思えたからだ。コウモリの味はわからないが、お祝い料理としてフライにされ、かごに入れられて出てきたネズミは、実際、とてもおいしかった。

 熱帯アジアの人たちは同意してくれるだろう。この地域では、ネズミは一般的なタンパク源だ。特にベトナムの農村ではよく食べる。ホーチミン市などの都市部でも、メニューにネズミが載っているのが見られる。

「それどころか、メコンデルタでは、ネズミの肉は鶏肉よりも高値で売れます」と話すのは、科学者のグラント・シングルトン氏だ。フィリピンの国際稲研究所で、生態学に基づくげっ歯類の管理を研究している。食用として捕らえられる生きたネズミは、メコンデルタだけで年間最大3600トン、その価値はおよそ2億円相当とも言われる。

 そう聞いて驚いた人はおそらく、都市に暮らすドブネズミやクマネズミが皿に載せられたところを思い描いているのだろう。ネズミには多くの種があるが、ベトナムで一般に食べられているのは、大きいもので体重230グラムほどのアゼネズミと、900グラムに達することもあるオニネズミの2種がほとんどだ。

「都市のネズミにまつわる悪評は、ネズミ食に対する偏見を助長してきました」と、米ニューヨーク州で都市のげっ歯類を研究しているロバート・コリガン氏は指摘する。

 アジアからアフリカ、南北米大陸に至るまで、世界中で食されているげっ歯類は少なくとも89種。米国では、リスを食用としてきた長い歴史がある。

「普通の人は忘れがちですが、筋組織に含まれるタンパク質は、ほぼすべての哺乳類で実質的に同じです。肉牛のステーキであろうとネズミの脚であろうと」とコリガン氏。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事