ここから本文です

『スター・ウォーズ』新作の予告編から見えてきたこと

4/13(土) 14:10配信

WIRED.jp

待ち続ける日々は終わりを告げた。そして、正式なタイトルまで明らかになった。スター・ウォーズの最終章は、『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』(原題)と呼ばれることになる。

【動画】『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』最新の予告編

それだけではない。なんと、記念すべき予告編の第1弾まで公開されたのだ。これを見る限りでは、やはりスカイウォーカーの血筋を受け継ぐ者はレイをおいてほかにはいないようだ。

数カ月にもわたり、さまざまな噂と憶測が飛び交っていた。C-3POの“中の人”としてシリーズ9作すべてに出演したアンソニー・ダニエルズの意味深なツイート。ファンに対する嫌がらせとしか思えない、マーク・ハミルの問題発言(「特ダネ:再新作のタイトルは『エピソード9』」というもの)もあった。

しかし、シカゴで始まったばかりの5日間にわたるファンイヴェント「Star Wars Celebration」で、とうとう正式なタイトルと本編からの映像がお披露目されたのだ。

予告編は、不穏な空気のなか、砂漠に立ち尽くすレイ(デイジー・リドリー)が虚空を見つめるシーンから始まる。ルーク・スカイウォーカー(ハミル)の声が聞こえる。「我々は全てを伝えた。はるかな歴史が君の中に……」

ライトセーバーを手に戦うカイロ・レン(アダム・ドライヴァー)。レイと抱き合うレイア(シリーズの完結を待たずに世を去ったキャリー・フィッシャー)。レジスタンスの兵士たちが、墜落しつつあるデス・スターを眺めているらしき場面もあった。

とにかくひと言で言えば、これは確実にすごい作品になる。劇場公開は12月20日だ。

ANGELA WATERCUTTER

最終更新:4/13(土) 14:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事