ここから本文です

トレーニングの効果を深める補助器具「ピラティスリング」のすすめ

4/13(土) 21:00配信

ウィメンズヘルス

2. 横腹を気持ちよく伸ばすエクササイズ、「マーメイド」

ステップ1. 横座りをし、脚と反対側にリングを置き、手でリングを軽くチョップする

ステップ2. 指先の方向にリングを倒し、反対の手と一緒にぐっと伸びていく
「リングを持っている手の肘は伸ばすように。脇腹を使うためには、チョップをかたどった手でリングをほんの少しだけ押しながら横に伸びていってください。下の脇腹に力が入ればOK。また、リングの反対側にある坐骨が浮きやすいので、床に沈めるよう意識しながら腕を遠ざけていきましょう」

ステップ3. 体を戻してStep 1に戻り、また体を横に反らす

ステップ4. ステップ1~3を左右それぞれ5~8回行う

3. 背中をストレッチする前屈

ステップ1. 体から足一足分の間隔を目安に、リングを床に置く

ステップ2. 手でリングを床につぶすようにして、吐く息で前屈をする
「リングをつぶすとき、下腹部をパンチされているような感覚でおなかを引き上げて、腰を丸めましょう。おなかが引きあがった分、リングをぐーっとつぶしてみてください。背中にストレッチが効いている感覚があれば、正しい姿勢で行われています」

ステップ3. 吸って体をゆるめる。Step2~3を5~8回繰り返す
「基本的には呼吸での意識になります。リングを押す力は変えずに、腹圧だけで体を床へと沈めて、背中をストレッチしてあげるのがキーポイントです」

4. 太ももとふくらはぎのストレッチ

ステップ1. あおむけになり、片脚にリングをかけ、脚を手前にぐっと引き寄せる

ステップ2. 吐く息でストレッチをかけて、吸う息でゆるめる
「膝をしっかりと伸ばすよう意識しましょう。難しい場合は、寝かせている脚を曲げると楽に行えます。もちろんそれでもきついようであれば、上げている脚を少し曲げて実践してもOKです。その場合は、リングをしっかり引き寄せていれば、内ももの裏側が伸びてくるはずです」


監修:ピラティススタジオ B&B三軒茶屋スタジオ

3/3ページ

最終更新:4/13(土) 21:00
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事