ここから本文です

エヴァ・グリーン、「007」次回作へのカメオ出演の可能性を示唆

4/13(土) 21:40配信

エスクァイア

 以前、グリーンはヴェスパー役に関して、「オーディションを受けないという選択もあった…」と明かしたこともありました。その際の彼女は、次のように「ハリウッド・レポーター」誌に対して語っています。

 「私はおそらく、少しバカかナイーブだったのでしょう。『ええ、ボンドガールですって。それはどんな類の神経質な女の役なの?』などと口にしていたわ…」と。 
 
 さらに、「『007 カジノ・ロワイヤル』の製作陣は、脚本を極秘扱いしていたの。それで私は(オーディションから9カ月後に)初めて脚本に目をして、そのとき初めて、ヴェスパー役はしっかりと中身のある役柄であることに気づきました。私は彼女をボンドガールとしては見ていなかった。なぜなら、彼女は強いキャラクターで、彼女にはいくつもの欠点があったから…」とグリーンは本音を語ってくれたのです。 
 
 最新作『ボンド25(仮題)』で、ヴェスパーが復活することを多くの「007」ファンは望んでいることでしょう。もし復活するのなら、どのような活躍を見せてくれるのか、気になるところでもあります。再登場を期待している皆さんは特に、エヴァ・グリーンが発する今後のコメントに要注目です。

2/2ページ

最終更新:4/13(土) 21:40
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事