ここから本文です

田中みな実vs宇垣美里、女優向きなのは? 高須院長が二人に助言する「注意点」

4/13(土) 12:00配信

週刊女性PRIME

 前クールにオンエアされたドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)で女優デビューを果たした元TBSアナウンサーの田中みな実(32)。

 かつては“あざとい”“ぶりっ子”と同性から不人気だったが、近年は美容やボディメイクへの地道な努力を女性誌などで公表し、今や女性ファッション誌や美容雑誌にも引っ張りだこ。女性からの人気もグンと高まっている。

 また、美バストを生かした『anan』(マガジンハウス)の表紙での“肘ブラ”ポーズも話題を呼び、今後は“脱げる女優”になる可能性もあると言われている。

 一方、3月で同じくTBSを退社した宇垣美里アナウンサー(27)。後藤久美子や米倉涼子などそうそうたる美人女優が在籍するオスカープロモーションに所属し、今後は女優業にも関心があることを明かした。

 彼女はアニメ好きという趣味や、意外性のある“闇キャラ”とキュートなルックスのギャップが受けて、若い男性から女性まで人気が高い。

 今や、美貌や知性だけでは勝負できなくなってきた女子アナ業界だが、はたして“女子アナ→女優”に向いている元TBSアナはどちらなのか? 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を聞いた。

田中アナの上手な戦略

──フリー転身後は、日常の美容ケアやダイエットの秘密などを女性誌で公表するなど、ありのままの姿が受けて、すっかり女性信者を増やした田中みな実さん! かつてのぶりっ子・媚び媚びキャラだったのがウソのようですね。

高須「今までも、“ちょっと年齢がいってて、可愛すぎない”のと、完璧美女には少し足りない感じがオジさんたちに受けていた。その層がうまく女性ファンにスライドしたね! “こんな普通な私だから、ヘアメイクやダイエットに努力してるんだ”っていうネタは親近感を持たせるには最適でしょう。自分の足りない部分を使うのが上手!」

──確かに、本格的な女優さんやアイドルとも違う、一歩近い存在の“アナウンサー”という地位をうまく生かした戦略です。

高須「にしても、この『anan』の表紙を見ると、だいぶボディシェイプされたようだね! 僕の『ミケランジェロ(TM)』(※編集部注:ミケランジェロ(TM)とは、彫刻のような理想的なボディを作り上げる施術方法のこと)ボディに匹敵するくらいじゃない?」

1/3ページ

最終更新:4/13(土) 12:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/4号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事