ここから本文です

ウッズ、ヒヤリ… ラウンド中に警備員が滑って足かける 米波紋「すぐさまクビだ」

4/13(土) 10:27配信

THE ANSWER

濡れた芝生に足を滑らせ…“スライディング接触”に波紋「オーガスタ走るの禁止!」

 米男子ゴルフの4大メジャー初戦、マスターズ第2日は12日(日本時間13日)、11位タイで出たタイガー・ウッズ(米国)は6バーディー、2ボギーの「68」で回り、首位と1打差の通算6アンダー、6位タイに浮上した。そのラウンドで予期せぬ話題を呼んだのが、警備員のスライディングだ。足を滑らせ、ウッズにスライディングするような形になり、交錯。ヒヤリとさせるシーンがあった。米メディアが実際の場面を公開し、ファンに「この男はすぐさまクビだ」「オーガスタで走るの禁止!」と波紋を呼んでいる。

【動画】「すぐさまクビだ」と米波紋! 走って足を滑らせ、まさかウッズの足に…警備員が演じた“スライディング接触”の実際の瞬間

 一瞬、オーガスタに緊張が走った。14番パー4だ。ウッズはティーショットを曲げ、すぐ後ろを多くのパトロンに囲まれてラフから打つ第2打。アプローチを放ち、ボールの行方を確認しようと一斉に歩き出した次の瞬間だ。

 複数の警備員が一団を押さえながら動く中、ウッズの後ろからパトロンの間を抜け、走って観客を制そうとした1人の警備員が濡れた芝生に足を取られ、滑った。しかも、あろうことかウッズに足をかけるような形になったのだ。驚いたウッズは右足を上げ、つんのめるような形になったが、転倒することなく、事なきを得た。しかし、一歩間違えば危険なシーンだった。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」公式ツイッターは「14番ホールでのアプローチショット後、警備員とタイガー・ウッズが衝突」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開。すると、ファンから厳しい声が続々と上がった。

警備員に厳しい声が続々「彼は一体何をやっているんだ」

「この男をすぐさまクビにするんだ」
「オーガスタ・ナショナルで走るの禁止!」
「彼は一体何をやっているんだ」
「クビだ!」
「彼は誰に雇われているんだ?」
「ナイススライド」
「これはイエローカードにすべき」
「警備員はサインが欲しかったんだと思う」
「これは愉快だ」
「クレージー」

 コメント欄では警備員に対する指摘が続々。もちろん、故意ではないが、結果的にヒヤリとさせる場面だっただけに無理もない。しかし、救いはウッズが何事もなく、このホールでバーディーを奪い、優勝争いに加わったことだろう。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/13(土) 10:32
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ