ここから本文です

ロマチェンコ、戦慄の4回TKO 卒倒した元王者も衝撃「体以上にプライド傷ついた」

4/13(土) 16:11配信

THE ANSWER

最後は強烈なワンツーで決着、クロラも脱帽「彼は驚異的」「非常にスペシャル」

 ボクシングのWBA・WBO世界ライト級タイトルマッチ12回戦は12日(日本時間13日)、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が元WBA同級王者アンソニー・クロラ(英国)を4回TKOで下し、WBAは2度目、WBOは初の防衛に成功した。最後は強烈なワンツーで相手を卒倒させた。衝撃のKOシーンの瞬間を米興行大手が動画付きで公開。敗れたクロラは「自分の体以上にプライドが傷ついた」と衝撃を明かしている。

【動画】元王者クロラが卒倒! この強さは誰が止められるのか…ロマチェンコが演じた“衝撃の4回TKO”の実際の瞬間

 強すぎた。序盤からクロラを圧倒したロマチェンコ。一気に仕留めにかかったのは4回だ。ロープ際に追い込むと、最後はワンツーで右フックをこめかみに打ち込んだ。たまらず、うつ伏せに倒れ込んだクロラ。そのまま立ち上がることができず、主審が試合を止めた。視線は焦点が定まらず、表情は生気を失っていた。ロマチェンコの強さが際立った。

 衝撃のKOシーンを米興行大手トップランク社の公式ツイッターが「ロマのなんてノックアウトなんだ!!!」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開していたが、敗れたクロラも脱帽している。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」によると、試合をこう振り返っている。

「自分の体以上にプライドが傷づいた。最善を尽くしたかったが、彼は驚異的だ。頭頂部を打たれたとき、状況は理解していたが、立ち上がることができなかった」と回顧。「彼は非常にスペシャル。ショットを無駄にすることがない。彼は支配を続けるだろう。そして、このスポーツで彼が望むことを何でもやってのけるだろう」とロマチェンコに脱帽したという。

「パウンド・フォー・パウンド」で最強の呼び声高いウクライナの至宝が、強さをこれ以上ない形で発揮してみせた。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/13(土) 16:11
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事