ここから本文です

トゥクタミシェワ、復活イヤー有終の3A炸裂 米記者絶賛「なんて最高の道のりだ」

4/13(土) 19:21配信

THE ANSWER

自己ベスト大幅更新の153.89点マーク、ウォン記者「今季見せた最高の3Aの2つ」

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(マリンメッセ福岡)は13日、女子フリーが行われ、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は3回転アクセルを完璧に決め、自己ベストを大きく更新する153.89点で紀平梨花(関大KFSC)らを抑えて1位。復活のシーズンを最高の形で締めくくった。名物の米記者は「なんて最高の道のりだ」と絶賛している。

【画像】お似合いの美男美女!? イタリアの観光名所で…“恋人”が公開していたトゥクタミシェワとの“ラブラブ2ショット”の実際の写真

 リーザが福岡に熱狂を巻き起こした。冒頭の3回転アクセル。まるで、それが簡単であるかのように軽々と跳び、高い跳躍から完璧に決めた。一気に会場を惹き込むと、以降もミスのない演技を披露。情熱的かつ妖艶な“らしい”表現力を発揮し、リンクを完全に自分のものにした。滑り終えると、日本のファンから割れんばかりの喝采が降り注いだ。

 自己ベストを10点近く更新するハイスコア。米国のジャッキー・ウォン記者は自身のツイッターで「またもやエリザベータ・トゥクタミシェワが好調のトリプルアクセル―彼女が今季見せた中で、最高の2つだ」と冒頭の3回転アクセルを絶賛。「彼女がこの輝きを来シーズンにも繋げることができれば」とした上で、今季を振り返り「なんて最高の道のりなんだ」と称えた。

 15年の世界選手権を制した女王は、母国の若い選手の台頭で近年は苦しんんできたが、今季はグランプリ(GP)シリーズのスケートカナダを制するなど、華麗に復活。一方、12月に肺炎を患った影響でロシア選手権、欧州選手権に出られず、世界選手権の代表から漏れ、悔しい思いを胸に、今季最終戦となる福岡の地に乗り込んでいた。

 シーズン集大成で見せた完璧な演技。来シーズンも3回転アクセルを武器に、銀盤を“リーザ色”に染め上げてくれそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:31
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事