ここから本文です

レアル、仏代表DFヴァラン放出を事実上拒否 最低ラインのオファーを626億円に設定

4/13(土) 14:05配信

Football ZONE web

ジダン監督からの信頼も厚く、年俸も11億3000万円までアップする見込み

 レアル・マドリードのフランス代表DFラファエル・ヴァランは、今夏に新たなチャレンジを求めた移籍が噂されている。しかし、クラブは放出条項の5億ユーロ(約626億円)に満たないオファーは受け入れるつもりはなく、ジネディーヌ・ジダン監督が絶大な信頼を置くセンターバックは、簡単には手放せないとの意思表示のようだ。スペイン紙「AS」が報じている。

 25歳にしてリーガ・エスパニョーラを2回、UEFAチャンピオンズリーグとFIFAクラブワールドカップを4回、そしてワールドカップを1回制覇するなど、数々のメジャータイトルを手にしてきたヴァラン。今夏に移籍するのでは、と盛んに報じられるようになり、その去就に注目が集まっている。

 しかし、レアルが他クラブからのオファーに対し、簡単に首を縦に振ることはなさそうだ。記事では次のように伝えている。

「レアル・マドリードはラファエル・ヴァランに対するオファーを聞き入れないだろう。彼らはあらゆる関心に対して、同じ反応を返すことになる。彼の値段は放出条項の5億ユーロ。それ未満で彼はチームを去ることはない」

 レアルとヴァランの契約には放出条項が含まれているが、それを行使する金額は5億ユーロという天文学的な金額だという。レアルは同世代でヴァランと同等の実績と経験を持つCBはいないと考えており、事実上放出を拒否している。その代わり大幅な給与アップを盛り込んだ新契約を提示する構えで、年俸は600万ユーロ(7億5000万円)から900万ユーロ(約11億3000万円)まで上がると見られている。

 レアルの願いは届き、ヴァランの慰留には成功するだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/13(土) 14:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事