ここから本文です

温水洋一「ミラー・ツインズ」で初の弁護士役に「息抜きになってくれれば」

4/13(土) 12:00配信

ザテレビジョン

温水洋一が、「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ ミラー・ツインズ Season1」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)に、主人公・葛城圭吾(藤ヶ谷太輔)の家の顧問弁護士・尾見門丞役で出演中。

【写真を見る】初の弁護士役となる温水洋一。「犯人側はよくあるんですけどね(笑)」と現場で笑いを取っていた

4月13日(土)放送の第2話を前に、温水が作品の見どころや藤ヶ谷との共演などについても語ってくれた。

■ 弁護士役は初めての温水「犯人側はよくあるんですけどね(笑)」

本作は、20年前に起きた誘拐事件をきっかけに別々の人生を歩むことになった、双子の人生を描く心理サスペンス。20年前、双子の兄・葛城勇吾(藤ヶ谷・2役)が、何者かに誘拐されてしまった。生死すら分からない兄を見つけ出すために、刑事となった弟・圭吾。

そんな中、一件の殺人未遂事件が発生。現場の遺留品から圭吾と同じDNAが発見され、圭吾は犯人として疑いをかけられることに。第2話では、時を越えいよいよ圭吾と勇吾の運命が重なり始める。

温水は、葛城家の財産管理をする顧問弁護士・尾見門丞役で、藤ヶ谷演じる圭吾を影ながらサポートする。

撮影前に行われた衣装合わせで、温水は監督と尾見門の性格などを綿密に確認。そんな中、ふと「弁護士役は初めてかも」とポツリ。「え、本当ですか?」と驚くスタッフたちに、「あっち側(犯人側)はよくあるんですけどね(笑)」と話し、笑いを取っていた。

最近では俳優業だけでなく、バラエティー番組などでもマルチな才能を見せている温水。制作サイドは「重厚なサスペンスで重くなりがちな空気を、温水さんが出演するシーンだけは、にじみ出る人柄の良さでほっこりしていただきたい」と話しており、温水の演技が“究極の心理サスペンス”にどんな色合いを足していくのか、期待が高まる。

■ 弁護士役は初めてなので楽しみ

――台本を読んでの感想をお聞かせください。

話がとてもシリアスで登場人物も多く、season1とseason2を合わせると話数も多いので大作ですよね。台本を読んで、こんな複雑な物語の中で一人二役を演じるなんて、藤ヶ谷君はさぞ大変だろうなと、自分が演じるわけでもないのに、心配してしまいました(笑)。僕は今回、弁護士を演じますが、弁護士役は初めてなので、そういう面では楽しみでした。

――尾見門をどのように演じていますか?

せりふの中でも、自分のことを「尾見門は!」と苗字で呼んでいて、すごく真面目な男ですね。コミカルに演じてはいませんが、尾見門の勢いのある言動が、重厚な物語の息抜きになってくれればとは思っています。最初に監督さんから「尾見門も、ただの善人でなく演じてほしい」とのリクエストがあったんです。

サスペンスタッチの物語を盛り上げるためでもあるし、本当に裏があるのかどうかはドラマをご覧になって確認していただきたいです。ずっと圭吾さんの家の顧問弁護士をしてきたわけですから、この家の内情に精通していてもおかしくはないですよね。果たして…(笑)。

■ 前半から後半に向けての展開は“怒涛”という言葉がピッタリ

――藤ヶ谷さんとの共演はいかがですか?

実は、撮影中盤になってやっと同じシーンを撮ったんです。それまで現場でニアミスが多くて、「早く同じ場面を撮りたいね」と話していました。尾見門は圭吾さんとしか接していません。

生真面目な弟と正反対の兄の人格を藤ヶ谷君がどう演じるのか、僕も興味があります。圭吾さんのときの藤ヶ谷君は善人にしか見えず、勇吾さんのときはガラッと変えるでしょうから、藤ヶ谷君の俳優としての魅力を感じられるでしょうね。

――ところで、圭吾と勇吾は顔こそ同じですが、性格は正反対です。温和な印象の温水さんにも驚くような一面ってありますか?

いや、まあ大体いつもこんな感じですね(笑)。でも、僕だって怒るときは怒りますよ。車の運転中、乱暴な運転している人に割り込まれたら、「んもう! なんだよ!!」って舌打ちしますから(笑)。

――改めてこの作品の見どころを聞かせてください。

土曜日の夜11時台の放送ですから、「寝ようかな」と心の片隅で思ったとしても、気がついたらのめり込んでいるはずです。それだけの価値はある物語です。前半から後半に向けての展開は“怒涛”という言葉がピッタリ。土曜の夜、皆さんを眠らせません!

■ 第2話あらすじ(4月13日[土]放送)

田島(濱津隆之)殺害の疑いをかけられ、赤城(渡辺大)の尋問を受ける圭吾(藤ヶ谷太輔)。皆川(高橋克典)は、圭吾の犯行だと示す状況証拠がそろい過ぎていることに疑問を抱く。一方、事件の裏で暗躍する圭吾の兄・勇吾(藤ヶ谷太輔・二役)。

田島は、勇吾誘拐の実行犯を知っていると話した後、殺された。全ては、20年前のあの誘拐事件から始まったのだ。圭吾と勇吾…時を超え、二人の運命が重なり、動き始める。

(ザテレビジョン)

最終更新:4/13(土) 12:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事