ここから本文です

医師が警告!「内臓脂肪」に潜む怖い病気リスク

4/13(土) 5:50配信

東洋経済オンライン

内科、循環器科の専門医として、数多くの患者と日々接している医学博士の池谷敏郎氏。血管、血液、心臓などの循環器系のエキスパートとして『名医のTHE太鼓判!』などテレビにも多数出演しているが、過去15キロ以上の減量に成功し、56歳でも体脂肪率10.6%を誇ることはあまり知られていない。
このたび、その減量メソッドを全公開した新刊『50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える内臓脂肪を落とす最強メソッド)』を上梓した池谷氏に「放っておくと危険な内臓脂肪5つの健康リスク」について解説してもらう。

この記事の写真を見る

■内臓脂肪は放っておくと、とても危険! 

 「またお腹が突き出てきた」「ウエストがきつくなってきた」と、日に日に強くなっていく中年体型。この体型の原因の1つは「内臓脂肪」が増えていくことといわれています。

 しかし、この中年体型から脱出したいと思っても、「運動する時間が取れない」「もう年なんだから、いまさら何をしても無駄……」と、何もしないで内臓脂肪をそのままにしてしまう人も少なくないと思います。

 私は長年、血管、血液、心臓などの循環器系のエキスパートとして数多くの患者さんたちと接してきました。その患者さんにも「内臓脂肪を減らしていきましょう」とお話ししても、なかなか行動に移せない方が多くいました。

 「太っている」だけで、ほかに体調が悪いわけではないことも、あまり気にしていない理由の1つになっていると思いますが、内臓脂肪は、そのままにしておくのは「とても怖い」のです。

 内臓脂肪は、増えていくと「健康を害する」だけでなく、「命に関わる病気」に発展してしまう可能性もあるからです。中には、一見関係なさそうな症状でも、内臓脂肪と密接に関わっているものもあります。つまり、中年体型は、多くの病気に発展する危険性を持っているのです。

 では、「内臓脂肪」が増えると、どのようなリスクがあるのでしょうか。「内臓脂肪」が原因の1つとされる健康リスクは数多くありますが、ここでは、放っておくと危険な「内臓脂肪5つのリスク」を紹介します。

 まず、「内臓脂肪」が高める健康リスクの1つ目が「糖尿病」「高血糖」です。

■放っておくと「心臓病」や「心筋梗塞」の可能性も

【1】「インスリン」の働きが弱まり「糖尿病」「高血糖」に
 生活習慣病の「糖尿病」や、食後に血糖値が過剰に上昇する「食後高血糖」は、いずれも内臓脂肪によって引き起こされる可能性があります。

1/4ページ

最終更新:4/13(土) 5:50
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事