ここから本文です

ギリシャの元財務大臣が著した「とんでもなくわかりやすい経済の話」に注目集まる[ビジネス書ベストセラー]

4/13(土) 7:15配信

Book Bang

 4月9日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、ビジネス書第1位は『メモの魔力 The Magic of Memos』が獲得した。
 第2位は『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』。第3位は『東大の先生!  文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!』となった。

 4位以下で注目は8位に初登場の『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』。著者のヤニス・バルファキス氏はギリシャの経済危機の際、財務大臣を努めたことで一躍注目を浴びた経済学者。自分の娘に語るように書いたという同書は、経済や経済史に関する解説書でありながら物語を読むかのようにドラマティックで面白いと話題。難しい用語や概念は使わず、それでいて浅薄な入門書にとどまらず、現代の社会がどのように成り立ってきたかまで深く詩的に語られている。

1位『メモの魔力 The Magic of Memos』前田裕二[著](幻冬舎)

いま最も注目される起業家・前田裕二による渾身のメモ術! (幻冬舎ウェブサイトより)

2位『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド[著](日経BP社)

教育、貧困、環境、エネルギー、医療、人口問題などをテーマに、世界の正しい見方をわかりやすく紹介 本書では世界の本当の姿を知るために、教育、貧困、環境、エネルギー、人口など幅広い分野を取り上げている。いずれも最新の統計データを紹介しながら、世界の正しい見方を紹介している。これらのテーマは一見、難しくて遠い話に思えるかもしれない。でも、大丈夫。著者のハンス・ロスリング氏の説明は面白くてわかりやすいと評判だ。その証拠に、彼のTEDトークの動画は、累計3500万回も再生されている。また、本書では数式はひとつも出てこない。「GDP」より難しい経済用語は出てこないし、「平均」より難しい統計用語も出てこない。誰にでも、直感的に内容を理解できるように書かれている。(日経BPウェブサイトより抜粋)

1/2ページ

最終更新:4/13(土) 7:15
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事