ここから本文です

スープが絶品なブイヤベース特集!シェアして楽しんでほしい名店5選

4/13(土) 5:20配信

東京カレンダー

最近は気温の上下が激しく、体調もくずし気味だったりしませんか?

そんな時には身体に優しく、じんわりと癒してくれるスープをどうぞ。

今こそ食べたい、身体に沁み渡るあったかスープメニューをご紹介。

『ヌガ』の満足感たっぷりのブイヤベース

『ヌガ』は、定番のメニューを大層な手間隙をかけて作る。その最たる一皿がブイヤベースで、スープ・ド・ポワソンの仕込み日数は3日以上。凝縮された魚介の旨みは、店にかけるシェフの想いそのもの。基本姿勢はあくまでクラシック。

オマールエビやムール貝、白身魚、蛸などを、トマトや数種類のスパイスなどと煮込んでおり、ここでは白身魚のパッセをスープに溶け込ませ、より濃厚さを出す。食材はラングスティーヌや渡りガニを使用している。

客前へはスープと魚介を分けて出す本場マルセイユ方式で。ワインの揃えも超一流で、ブイヤベースのために置く銘柄もあるほど。有名ビストロの意地と実力の一皿だ。

味の変化を楽しみながら味わうブイヤベース『マチュリテ』

『マチュリテ(Maturite)』は、八丁堀の予約が取れない人気店『レトノ』の姉妹店。

ここでシェフを務めるのは『ストリングスホテル東京インターコンチネンタル』で総料理長を務め、タパスとアペタイザーを合わせた“タパタイザー”を広めたと言われる小橋潔氏。

彼が創り上げるファーストクラスのフレンチフルコースの中でも、魚介たっぷりのブイヤベースは絶品。

季節の旬の魚に加え、帆立や海老、いか、ムール貝などの魚介類を贅沢に使用。手間暇かけてじっくりと煮込めば、魚介の旨みがぎゅっと凝縮された至福のスープだ。

5皿フルコース4200円の1品としてこの贅沢な1品が食べられることは他ではまずありえない。ぷりぷりした食感には感動を覚えるほど。

添えてあるアイオリソースと魚の形に焼き上げたおこげはお好みで付けて、味の変化を楽しんでほしい。

ガラスを生かし、緑に囲われた空間はまるでパリの中庭のよう

歓声が上がるボリューム満点ブイヤベース『Bistro Caniche』

目黒を好きな人であれば、この場所に馴染みがあるはず。 かつて、『モルソー』という人気のビストロがあった場所。ここに新たにオープンしたのが『Bistro Caniche』だ。

温かみのあるカウンターも健在だが、黒板に記されたメニューは少数精鋭をリストアップした印象。

1/2ページ

最終更新:4/13(土) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2019年7月号
5月21日発売

定価800円(税込み)

大人が楽しむハワイ
まだまだ知らなかった「ハワイ」がある

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事