ここから本文です

ランス 打率最下位の本塁打王はなぜ翌年チームを去ったのか?/プロ野球1980年代の名選手

4/14(日) 16:01配信

週刊ベースボールONLINE

1980年代。巨人戦テレビ中継が歴代最高を叩き出し、ライバルの阪神はフィーバーに沸き、一方のパ・リーグも西武を中心に新たな時代へと突入しつつあった。時代も昭和から平成へ。激動の時代でもあったが、底抜けに明るい時代でもあった。そんな華やかな10年間に活躍した名選手たちを振り返っていく。

ジョンソンと仲良く来日

 1986年オフ、広島の“ミスター赤ヘル”山本浩二が現役引退。70年代に始まる黄金時代を長く支え続けたというだけでなく、そのラストイヤーですら126試合に出場して27本塁打を放った主砲の引退で、チームに巨大な穴が開くことは誰の目にも明らかだった。

 その穴を埋めるべく、3年ぶりに広島が獲得した外国人選手がランディ・ジョンソンとリック・ランセロッティだ。ただ、後者は本名が長いため、入団後すぐに登録名がランスに。ここでは、このランスを中心に紹介していくが、この2人、共通点が多いだけでなく、日本でのキャリアも似ていた。

 もともと年齢も同じで、ともに大のビール好き。2人ともジャイアンツのAAA級フェニックスから入団し、中米スカウトのフィーバー平山による発案で、日本の野球に慣れるべく来日前にミニキャンプを張って、73年から約4年、ロッテでプレーしていたラフィーバーから日本の野球についてのレクチャーを受けてから来日した。

 広島のマンションも隣で、遠征では同部屋。いつも一緒で、当然、仲も良い。ランスはゲンを担ぐタイプで、ヒゲを剃ったり、伸ばしたりしていて、結果的にはヒゲのイメージが定着したが、ジョンソンもヒゲをたくわえていて、ヒゲ面まで一緒。そして、ほぼ同時期に退団していった。

 ただ、ジョンソンは内野手で右打者、そしてヒットメーカー型だったのに対して、外野手で左打者のランスは典型的なプルヒッターで、長距離砲だった。棒立ちともいえる構えからの強烈なアッパースイングは代名詞ともいえるが、オープン戦では開幕4試合で打率.500。徐々に安定感は崩れていったが、シーズンが開幕すると、その本領を発揮する。

 4月14日の中日戦(ナゴヤ)で初本塁打を放つと、その中日3連戦と巨人との3連戦(後楽園)の初戦となった17日まで4試合で5本塁打。18日こそ本塁打はなかったものの、19日には苦手と思われた左腕の角三男からも本塁打を放った。ほとんどの打球が右方向へ飛んでいくため、28日から30日の阪神3連戦(甲子園)では内野陣が右方向に偏って対応する“ランス・シフト”も。6月9日の大洋戦(広島市民)から16日のヤクルト戦(神宮)まで6試合連続8本塁打もあった。

 最終的にはリーグ最多の114三振も、3年連続の三冠王を狙う阪神のバース、旋風を巻き起こしたヤクルトのホーナーらを抑えて、39本塁打で本塁打王に輝いている。

1/2ページ

最終更新:4/14(日) 18:08
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事