ここから本文です

雅子さまを支え続ける皇太子さま、これまでの歩みを振り返る

4/14(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

「平成」も残すところあとわずか。父である天皇陛下から時代を受け継ぐ徳仁皇太子殿下の胸中には、今、どのような思いが秘められているだろうか──。“令和の象徴”である新天皇となる皇太子さまの結婚と、その後を振り返る。

【写真】「テニスコートの恋」で知られる天皇・皇后両陛下

 昭和天皇が崩御され、昭和から平成に移った日本。再び明るいニュースで喜びに包まれたのは1993年6月のことだ。皇太子さまと雅子さまのご成婚パレードが行われ、沿道に詰めかけた約19万人の国民が皇太子ご夫妻を祝福した。

 外務省の研修生だった雅子さまと皇太子さまが初めて出会われたのは結婚より5年前。《控えめでありながら聡明で、話していて楽しい人》。皇太子さまは、雅子さまに対して、第一印象から好感を持たれていた。皇室ジャーナリストの神田秀一さんは、当時の盛り上がりを振り返る。

「おふたりは1992年に再会されますが、当時はメディアが皇太子妃候補について、あれやこれやと過熱報道を繰り返していました。皇太子さまは側近が運転するワゴンに身を隠しながら赤坂御用地を出発し、極秘で雅子さまとデートをなされていた。おふたりの交際を知っていたのは、宮内庁でもごくわずかでした」

 同年の10月、皇太子さまは雅子さまにこうプロポーズされた。

《皇室に入られるということには、いろいろな不安やご心配がおありでしょうけれども、雅子さんのことは、ぼくが一生全力でお守りしますから》

 結婚にためらいを抱いていた雅子さまだったが、皇太子さまの真っすぐな思いがハートを射止めた。

 世紀のロイヤルウエディングから1か月後に開かれた東京サミットの宮中晩餐会では、若草色のイブニングドレスをまとった雅子さまが英、仏、独語を駆使して各国の首脳をもてなし、皇室の国際親善に新しい風を吹かせた。

「ご結婚後は、おふたりで各国を公式訪問されました。雅子さまの元外交官の経験を存分に生かし、誰もが皇太子ご夫妻の順風満帆な未来を信じていました。しかし、世継ぎ問題が浮上してから、風向きは厳しいものへと変わっていきました」(前出・神田さん)

1/3ページ

最終更新:4/14(日) 8:43
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事