ここから本文です

未来の自分を守る!医師が教える、年代別・婦人科系トラブル

4/14(日) 23:00配信

コスモポリタン

20代から私たちの体はどう変わる? 「20代から30代前半までは、あまり体調の変化を感じない方が多いようです。30代後半になると月経の状態が変化したり、病気が発生するなどして自覚しやすくなり始めます」と言うのは、丁寧な治療で知られる産婦人科医の上田弥生先生。

【写真】聞きづらいからこそ気になる…セレブが語るムダ毛事情

「40代になると『なんとなく以前と比べて、疲れやすくなった』『疲れがとれなくなったのを感じやすくなった』という感想を持つ人が増えてくるのではないでしょうか。また40代半ばを超えると更年期に入る方が大半なので、人によっては疲れやすい、肩こりや腰痛が出やすい、頭痛、落ち込みやすい、元気が出ない、イライラする、物覚えが悪くなった感じがする、ホットフラッシュ(のぼせや発汗などを起こす更年期の症状)などが出てきます」。

何もないと思っていても、実は20代や30代は変化を感じてないだけかも。これは婦人科に通って、体調をこまめにチェックしておきたい。

PMSは20代でも悩む人がいる。その症状は個人差が大

月経(生理)の前にさまざまな心身の症状が出る、PMS(月経前症候群)。「20代は人によってはPMSの悩みが目立ってくる方もいますが、症状や原因には個人差があるように思います。PMSは30代の病気と一般的には言われていますが、他の病気との関連性も含め研究論文によって考察はまちまちで、現状では一定の見解がありません。

また、同じストレスを受けても感じ方は個人によって違うでしょうし、症状の出方も違います。PMSには低用量ピルを処方したり、症状に合わせて漢方やハーブのお薬をお勧めすることもあります」

病気のリスクも出てくる30代。デリケートゾーンの老化も

30代になると、婦人科のトラブルが起きることも。「子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が発生する方もいらっしゃいます。子宮内膜症や子宮筋腫を放置すると妊娠にも関わりますので、婦人科系の検診をきちんと受けてほしいですね。また、子宮頸がんに罹患する方の数も増えますので、定期的な子宮頸がん検査をお勧めします」

「尿漏れなどでお悩みで、お薬は使いたくない方には高周波やレーザーを使った治療(健康保険対象外)もあります。生活に支障が出たり、個人的に悩むようなら、こうした治療を検討しても。また、40歳未満で月経が止まった場合は、ホルモン補充をお勧めします。閉経があまりに早いと骨粗しょう症のリスクが高まるためです」

1/2ページ

最終更新:4/14(日) 23:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい