ここから本文です

Facebookはユーザーの死後も、遺された人々との「つながり」を保つプラットフォームになる

4/14(日) 14:11配信

WIRED.jp

Facebookは“生きている”人々のためにつくられたソーシャルメディアである。しかし、その成長とともに、ユーザーが亡くなったときにどうすべきかを決める必要性が生じてきた。そこでフェイスブックは2015年、ユーザーが亡くなった際にアカウントの管理を任せられる相手として「レガシーコンタクト」を設定できるようにしたが、そのシステムは完璧ではなく、関連する規定の一部がユーザーに不快感を与えたのだ。

SNSアカウント、死んだらどうなる?

そこでフェイスブックは、レガシーコンタクトの権限を強化することを4月9日(米国時間)に発表した。そのひとつが、新たに設けられた「トリビュート」セクションである。親族や友人たちが故人を回想できる場所で、その管理権限をレガシーコンタクトがもつことになる。

この機能は、人々の人生において最も重要な出来事を記録する場でありたいという、Facebookの思いの表れである。それがたとえ「死」であってもだ。

「大切な人を亡くした親しい友人がおり、思い出を残しておくうえでFacebookがどれほど重要かを話してくれたのです」と、フェイスブックの最高執行責任者(COO)であるシェリル・サンドバーグは話す。「友人のキムは兄弟を自殺で亡くし、彼女も母親も葬儀をする気持ちの整理がついていませんでした。そこでFacebookが彼女たちにとっての追悼の場となったのです」

家族や友人だけが「追悼アカウント」を指定可能に

フェイスブックはユーザーに対して、結婚や出産、就職といった人生における大切な節目をFacebookで共有することを推奨してきた。それはもはや単なるソーシャルネットワークではなく、スクラップブックとしての役割も果たしている。

ユーザーが亡くなると長年の思い出が詰まったアカウントが取り残されることになるが、そのアーカイヴを維持する方法が指定されていない可能性がある。そこでフェイスブックは、親族や友人による追悼の気持ちと故人のプライヴァシーとのバランスをとる必要があるのだと、プロダクトマネージャーのアリス・イリーは語る。

「わたしたちは、いかなる者にも他人のアカウントにログインさせないという強固な姿勢をとっています。だからこそ、レガシーコンタクトを設けることで、ユーザーが亡くなったあとでも誰かにプロフィールを管理する権限をもってもらいたいと考えたのです」

フェイスブックによる今回の発表は、近しい人を亡くしたユーザーから寄せられた不満のいくつかに対応したものだ。まず、レガシーコンタクトが故人のアカウントの管理権限を引き継ぐ前に、本当に亡くなっていることをフェイスブックが確認したうえで「追悼アカウント」に指定される必要がある。

これまではフェイスブックにニュース記事を送るなどすれば、誰でも特定のアカウントを「追悼アカウント」に変えることができた。このため、故人の家族や友人たちの気持ちの整理がつく前に、こうした手続きが進められてしまうことがあった。今回のアップデート後は、親族と友人だけが「追悼アカウント」への変更を依頼できるようになるという。

1/2ページ

最終更新:4/14(日) 14:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事